アドラー心理学が教えてくれる劣等感との向き合い方

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月12日 21時10分

写真

『アドラー心理学で人生が劇的に変わる! 「ブレない自分」のつくり方』(造事務所:著、深沢孝之:監修/PHP研究所)

 先日、好評のうちに終わった月9ドラマ『HERO』の最終回で、木村拓哉演ずる主人公・久利生が検事を志した理由を問われ、答えた。
「どんなことがあってもブレずにいられるから」

関連情報を含む記事はこちら

 検事なのにラフな格好で仕事をし、圧力をかけられようと一片でも疑問があれば確認し、事件の真相を明らかにする、久利生検事は輝いて見えた。

 確固たる自分を持ち、他者の言動や環境に左右されず、まっすぐに生き、仕事でも結果を出す。誰もが憧れる生き方だが、どうしたら「ブレない自分」になれるのだろうか?

『アドラー心理学で人生が劇的に変わる!「ブレない自分」のつくり方』(造事務所:著、深沢孝之:監修/PHP研究所)に、その手がかりを求めた。

 昨年末に発売された『嫌われる勇気』(岸見一郎、古賀史健/ダイヤモンド社)のヒットによって、今年になって注目を集めているアドラー心理学だが、そもそもどんな学説なのだろうか?

 心理学の第一人者フロイトとも仕事を一緒にしていたアルフレッド・アドラーがアドラー心理学を創始したのは、今から100年以上も前のことだ。

 フロイトの「精神分析論」は、意識と無意識の対立や葛藤に焦点を当て、過去の何が原因なのかという「原因論」を科学主義で紐解いた。

 それに対しアドラーは、個人の主体性について焦点を当てた「個人心理学」を提唱し、「どこに向かおうとしているのか」という「目的論」と「共同体感覚」の重要性を説いた。

 例えば、何かミスをしたとする。その際、「なぜこんな失敗をしたのか(WHY)」を考えるのがフロイトで、「どうすれば失敗しないのか(HOW)」を考えるのがアドラーだ。

 さらに、その「HOW」に不可欠な要素が3つある。「ありのままの自分を受け入れること=自己受容」と「何かを判断するときにより大きな集団の利益を優先する=共同体感覚」、「自分と違う他人を信用すること=他者信頼」だ。

 具体的な例をあげて説明しよう。

 会社のプロジェクトで、同期がリーダーに選ばれ、自分が部下として配置された。

 自分には同期のリーダーよりも実力があるはずなのに、誰も認めてくれないような気がする。自分のやり方が間違っていたのかと不安になる。プロジェクトでがんばっても、成果はリーダーの手柄だ。やる気が起きない…。

 こんな場合、アドラー心理学では、こう考える。

 まず【自己受容】…自分がリーダーに選ばれなかったのは、実力がないからではなく、今回のプロジェクトが求める適正が異なる分野だったからだ。自分にできることを全力でやればいい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング