パロディだけじゃない! 大人もアニオタも楽しい『妖怪ウォッチ』の魅力は落差ギャグにあり!?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月31日 11時50分

写真

TVアニメ『妖怪ウォッチ』公式サイトより

 今年、おそらく一番世間を賑わしているであろうアニメ『妖怪ウォッチ』。ゲームとしてニンテンドー3DSで発売し、アニメ化された途端に爆発的に大ヒット。マンガ化や玩具の商品展開も盛んに行なわれ、今やアニメ、ゲームに興味のないかたでも名前ぐらいは聞いたことのあるビッグタイトルに成長しました。

関連情報を含む記事はこちら

 また最近では第39話を一部放送局が放送休止にするということでもネット上でニュースもありました。その原因は明らかにされていないのでここでは触れませんが、これだけ話題になっていると、そろそろ「社会現象として勉強しておかないといけないのではないか」という向きも出てくるころでしょう。今回はそんな「出遅れてしまった大人たち」に、アニメ版『妖怪ウォッチ』を楽しく観るためのポイントをご紹介します!

■ものすごく簡単に『妖怪ウォッチ』をおさらい
 
 『妖怪ウォッチ』のアニメ版は2014年1月より放送開始。登場人物や基本的な設定などはゲーム版を踏襲しており、ゲーム版からアニメに、アニメ版からゲームに入っても違和感なく楽しめます。

 制作は『ポケットモンスター』などキッズ向けアニメのヒット作を生み出しているOLMが担当。『妖怪ウォッチ』原作元のレベルファイブとは、タッグを組んで『イナズマイレブン』、『ダンボール戦機』など数々のヒット作品を生んでいます。

 監督はウシロシンジ氏。これまでウシロ監督は『おまもりひまり』、『祝福のカンパネラ』、『俺たちに翼はない』など若い男性向けの作品を多く手がけ、その演出手法で高い評価を受けていました。今回は打って変わってのキッズ向けでしたが、大成功を収めています。 

 そんな本作品の魅力はさまざまにあります。キャッチーなオープニング、エンディングもそのひとつ。オープニング『ゲラゲラポーのうた』やエンディング『ようかい体操第一』、25話以降からのエンディング『ダン・ダン・ドゥビ・ズバー!』など、どれも耳に残るものばかり。振付も楽しいです!

 あるいはキュートなキャラクターデザインも魅力です。赤い猫妖怪で本作の顔ともいえる大人気キャラ「ジバニャン」をはじめ、個性的なキャラクター達が人気を後押ししているといえるでしょう。

 しかし、それらは本作に一時でも触れれば、すぐに理解できる部分。今回焦点を当てたいのは、アニメ版のストーリー部分です。多くのお父さん、お母さんが『妖怪ウォッチ』に触れた時、もっとも驚くのがここではないでしょうか。一言で言うと、「これ本当に子供向けなの!?」という驚きがあるのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング