名作揃い!? 美少女ゲームシナリオライターのオリジナルアニメの系譜を振りかえる

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月2日 5時50分

写真

Sola

 10月は番組改変の季節。今季もまた、数多くの新番組が始まりました。その中でもひそかに熱い注目を集めているのが『天体のメソッド』と『結城友奈は勇者である』ではないでしょうか。

【画像あり】関連情報を含む記事はこちら

 『天体のメソッド』は『ONE~輝く季節へ~』『KANON』で一世を風靡した美少女ゲームシナリオライター・久弥直樹さんが手がけた、久々の新作。『結城友奈は勇者である』は近年TVアニメのシナリオにも進出している、『姉、ちゃんとしようよっ!』『つよきす』などで知られる美少女ゲームシナリオライター・タカヒロさん初の原案オリジナルアニメです。

 90年代から00年代前半にかけて、美少女ゲームの世界は自由で尖った創作ができ、そしてそれが評価される場所でした。今回は、そんな美少女ゲームシナリオライター原案オリジナルアニメの世界を振り返ってみたいと思います。

 空の写真を撮るのを趣味にしている少年・森宮依人が夜明け前の公園で出会った不思議な少女・四方茉莉。夜明けとともに姿を消した彼女は、永遠の命を持ちながら太陽の下を歩くことができない呪われた存在、“夜禍”だった。茉莉のことが何故か気になる依人は、やがて自らの出生の秘密と茉莉の悲しみに触れることになる……。

 『天体のメソッド』の久弥直樹さんが手がけたオリジナルアニメです。アンケートサイト「VSist」で2007年のベストアニメにも選ばれた名作として知られています。繊細な会話といい、選び抜かれた小道具の絶妙な使い方といい、端正で鮮やかな青基調のビジュアルといい、美少女ゲーム的な想像力の最良のセンチメンタルな部分が存分に生かされた、高評価も頷ける作品です。また。アニメの脚本家としての活動実績のない美少女ゲームシナリオライターの原案・脚本によるTVシリーズの嚆矢としても歴史に残る一作と言えるでしょう。

 本作では、久弥さんは原案と4話分の脚本として参加。初アニメ脚本とは思えない腕前を披露しています。

 音無結弦は、目覚めると学園の片隅らしき場所にいた。そこにやってきた少女・仲村ゆりにここは死後の世界だと告げられる。納得のいかない音無はゆりたちが襲っていた謎の少女・天使に話しかけるが、天使もまたここは死後の世界だと言うばかりで、音無の胸を突然刺す。が、音無は死ななかった。それもそのはず死後の世界では、どんな怪我を負おうとも死ぬことはないのだから。音無は天使に対抗するゆりたちの組織、死んだ世界戦線に参加することにするが……。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング