『ログ・ホライズン』のミノリ役などを演じる新人声優・田村奈央インタビュー&ミニグラビア

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月11日 18時10分

写真

『ログ・ホライズン』のミノリ役、『ワールドトリガー』の雨取千佳役などを演じる田村奈央さん

 これからの活躍が期待される新人声優に、声優を目指したきっかけや、初めてのお仕事、そしてプライベートなことまで、気になるあれこれについてインタビューを行い、さらに撮り下ろしのミニグラビアも交えて紹介する人気企画「新人声優図鑑」。

【写真、動画あり】撮り下ろしのオリジナルグラビア(4枚)はこちら!

 第37回となる今回は、TVアニメ『ログ・ホライズン』のミノリ役、『ワールドトリガー』の雨取千佳役などを演じる田村奈央さんです。

――今日の撮影はいかがでしたか?

田村:写真を撮られることが本当に苦手で…。撮影していただいたことは何度かあるんですけど、まだまだ慣れないなって思います。イベントとか、人前に出ること自体は好きなんですけど。写真は世に残るものだから…って考えちゃうと、途端に表情が固まっちゃいます(笑)。

――田村さんが声優になりたいと思ったきっかけは?

田村:小学校の文集に「将来の夢は声優」って書いてあったんです。でも、夢って途中で変わったりするじゃないですか。私の場合は、夢が教師になったり、世界を飛び回る…ってなったり、いろいろ変わったんですけど、「声優になりたい!」って本格的に思ったのは、大学生のときです。

大学で演劇の勉強をしていたのですが、友だけに誘われて受けた声優のオーディションで不合格になり、本当に悔しくて。大学に通いながら、声優の勉強をするためのスクールに通い始めました。もともとお芝居は好きでしたけど、舞台で演じるときと、声優として演じるときとは全然違うんです。舞台では、自分の感情を乗せながら演じていたんですけど、声優の場合はもっとキャラクターに成りきらないといけなくて。

それまで、自分の声を意識したことがなかったので、スクールに通ってからも、最初は自分の素の声で演じていました。それでよく「女の子だから女の子らしく演じて」と言われていました。どうしても少年っぽくなってしまうんです。「男の子の口調とか、女の子の口調とか、いろいろ勉強しなさい」とも言われて、そこで初めて、自分の声がどんな声なのか、意識し始めました。最初に落ちてしまったオーディションも、自分の声をよく知らないうちに受けてしまっていたんだなって思います。

――では、声優になって、初めてアフレコを経験したのは?

田村:「魔界戦記ディスガイア4」っていうゲームです。ゲームって役者同士の掛け合いがなくて、びっくりしました! スタジオには先輩方もいらっしゃいましたが、マイク前に立つのはひとりきりで。そのときは緊張しすぎて、セリフを次から次へとポンポン進めすぎちゃいました。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング