女子高生がラーメンをすする姿がやたらエロい! 新しいラーメンマンガ登場

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月17日 17時30分

写真

『ラーメン大好き小泉さん』(鳴見なる/竹書房)

 『花のズボラ飯』から始まり、アニメ化が決定した『食戟のソーマ』(附田祐斗/集英社)、『くーねるまるた』(高尾 じんぐ/小学館)、『幸腹グラフィティ』(川井マコト)など、最近の料理マンガにはエロマンガかと見紛うような描写が増えてきている。そんななか、さらに新たなエロい料理マンガが登場した。それが、クールで無口な転校生・小泉さんが、大好きなラーメンを食べ歩くという『ラーメン大好き小泉さん』(鳴見なる/竹書房)だ。この作品では、クラスメイトの大澤悠や委員長の高橋潤、中村美沙といった女子高生たちが、小泉さんに影響されてラーメンにハマっていく。これまでのラーメンマンガといえば、『ラーメン発見伝』(久部 緑郎/小学館)や『喧嘩ラーメン』(土山しげる/日本文芸社)など、おっさん向けで情報量の多いものがほとんど。しかし、実はラーメンマンガほどエロと相性のいい料理はないのだ。その理由を、『ラーメン大好き小泉さん』から紹介してみよう。

関連情報を含む記事はこちら

 まずは、その仕草。ラーメンを食べる前、髪の長い女性はゴムで髪をまとめ、戦闘態勢に入る。髪の長い小泉さんや高橋も、やはりゴムやシュシュを持参して髪を結ぶのだが、単純に、女性が髪を結ぶ仕草が好きな男性は多い。それだけでなく、その髪型も日によって高めのポニーテールだったり、サイドアップだったりとバリエーション豊富なので、変化を楽しむこともできる。麺をすすりながら、落ちてきたサイドの髪をかきあげる仕草もかなり色っぽい。そして、高橋のようなメガネっ娘のメガネが湯気で白くくもるところや、メガネを外してそれを拭う仕草も普段ならなかなか見られないところなので、メガネっ娘好きにはたまらないのではないか。こんなふうに、ラーメンを食べる女性の仕草は、男性をドキっとさせるようなセクシーさを秘めているのだ。

 また、ラーメンを描写する際のオノマトペも外せない。麺を「ちゅるっ」とすするのはもちろん、こってり濃厚ラーメンを箸で持ち上げると「ぬと~」とするし、その麺はスープに絡んで「ぬらぬら」している。「とろ~」っとしたスープをレンゲですくい、「ずずずずず」と音を立ててすする姿は、たしかにエロい。特に、こってりラーメンのスープは「どろっ」としており、さらに麺がスープを吸うと「ねと~」っとした状態になる。煮たまごから溢れるとろとろの黄身にかぶりつき、黄身が「とろっ」と滴るさまもたまらないし、具沢山のラーメンに箸を突き刺す際には「ずぷっ」という擬音が。こうやって羅列しただけでもわかるとおり、料理マンガとは思えないほどエロく聞こえるオノマトペのオンパレードなのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング