社会人なら知っておきたい「接待の黄金ルール」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月21日 11時30分

写真

「接待・宴会に対するイメージ調査」(20代~60代までの男女100人にネットアンケートを実施)

 「つらい」「日本の悪しき風習」「癒着」「汚い」「金の無駄遣い」「気をつかう」「残業のひとつ」「ご機嫌とり」「面倒くさい」……。なんだかさんざんな言われようだが、これは何に対するイメージかわかるだろうか?

【旨いビールの飲み方】グラスを冷凍庫で冷やすのは絶対NG!

 これはダ・ヴィンチニュースが行った「接待・宴会に対するイメージ調査」(20代~60代までの男女100人にネットアンケートを実施)に寄せられた“接待”に対するイメージについてのコメントだ。もちろん肯定的なものもあるが、全体的に良いイメージではない。

 上記のグラフは本調査の一部をグラフ化したものだが、20~30代は「接待は必要ない」と回答する割合が40~60代と比べて高く、やや苦手意識を持っていることが見てとれる。実は筆者もその一人で可能なら避けたいイベントだ。

 しかし、苦手といってもやらなければならないのが仕事。なんとかうまく乗り切る方法があれば、それに越したことはない。そこで、宴会コンサルタントとしても活動し、最近『マンガ・黄金の接待』(著:阿部花次郎 監修:篠原あかね / KADOKAWA メディアファクトリー)を上梓した篠原あかねさんに、接待が苦手な若手ビジネスマン(ウーマン)向けに“接待のコツ”を伺った。


■酒が飲めないということが、接待の席上でメリットになることもある

――宴会コンサルタントになったきっかけは何ですか?

 秘書時代、上司との飲み会の席上、羽目を外して大失態をしてしまい、自己嫌悪いっぱいで翌日上司に謝りに行ったんですね。そうしたら意外にも楽しかったようで、「君はこれからは宴会部長だ!」と宴会幹事を任命され、以降四半世紀におよぶ宴会幹事の始まりとなりました(笑)。

――四半世紀とはすごいですね(笑)。そこで宴会の真髄を学んだと

 そうですね。せっかく飲み会をセッティングするなら参加者に楽しかったと満足してもらえる飲み会にしようと工夫を重ねていくうちに、「篠原さんが幹事なら飲み会に参加する!」という人が増えて、幹事をすればするほど人脈も広がり仕事もスムーズになりました。そこで宴会にマイナスイメージを持つ人や幹事を苦痛に思う人たちに、宴会の本当の意味と幹事をすることで得られるメリットを伝えることができればと思い、盛り上がる宴会のコツを伝授することにしたんです。

――アンケート結果にもあるように、最近接待が苦手な若手ビジネスマン(ウーマン)が増えていると思います。主な要因は何だと思いますか?

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング