雑誌『オトカルチャー』総合PとDJが語る秋葉原系DJイベントシーンの今【国内外で熱狂!】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月22日 11時0分

写真

『オトカルチャー~WORLD ANIME FLOOR GUIDE~』

 アニソンなどを愛する人たちが集う秋葉原系DJイベントが盛り上がりをみせている。 一部ではアニソン系クラブイベント(通称・アニクラ)と称される場合もあるが、さいたまスーパーアリーナなどの大規模な会場で行われる『EXIT TUNES ACADEMY』や、中野を舞台にした『Re:animation』などの野外イベント、また、収容規模100人ほどの大小さまざまな場所で、毎週のように日本各地でイベントが開かれている状況だ。

【画像あり】中野駅前を舞台に繰り広げられる屋外イベント「Re:animation」の様子

 そして、シーンの盛り上がりを受けて今年10月、雑誌『オトカルチャー~WORLD ANIME FLOOR GUIDE~(以下、オトカルチャー)』が発刊された。今回は秋葉原系カルチャーをテーマにした様々なプロモーションを手がける同誌の総合プロデューサー・伊藤翼さんと、クラブシーンで実際にプレイされているDJシーザーさんに、秋葉原系DJイベント及びクラブシーンについてお話を伺った。


■国内外で広く注目を浴びる秋葉原系DJイベント

――今、雑誌『オトカルチャー』が発刊された理由は何ですか?

伊藤「昨年春頃にプロジェクト自体はスタートしました。そのきっかけとして、巻頭特集にもあるとおり秋葉原系の音楽イベントが規模や集客力を増してきたことがあげられます。例えば、ニコニコ動画で人気なアーティスト中心の定期イベント『EXIT TUNES ACADEMY』がさいたまスーパーアリーナ(直近では2014年8月3日 開催)で過去3度も開催されており、北海道から沖縄までをみれば、毎週のように規模を問わず日本のどこかでイベントが行われています。近年の音楽業界でいえば、毎週どこかで100人単位で集客できるジャンルはあまりみられず、ここに注目すべきだと考えました」

――日本だけではなく、海外でも盛り上がりをみせていますね。

伊藤「フランスの『Japan Expo』やイギリスの『HYPER JAPAN』はもとより、台湾や香港、バンコクなどアジア圏でも秋葉原系の音楽イベントが進出しています。しかし、その情報を伝える媒体がほぼ存在せず、。今日同席しているシーザーさんなど、秋葉原系DJをうたう方たちが招待されるまでになっているにも関わらず、あまり注目されていないことへ疑問を感じていました。そこで、実際に出版社の方にも現地の盛り上がりを体感していただき、企画を徐々に具体的な形へと発展させていきました」

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング