女子校育ちは30歳を過ぎると活躍できる!?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月24日 11時0分

写真

『女子校育ちはなおらない』(辛酸なめ子ほか/KADOKAWA メディアファクトリー)

 近年、女子校出身者に注目が集まっている。

【マンガを見る】女子校出身漫画家8名による後悔と開き直りの女子校エピソード

 出版業界でも『女子校育ち』(辛酸なめ子/筑摩書房)のヒットを皮切りに、『女子校力』(杉浦由美子/PHP研究所)、『女子校ルール』(女子校ルール研究会/KADOKAWA 中経出版)など、関連本のリリースが続く。

 先日発売された『女子校育ちはなおらない』(KADOKAWA メディアファクトリー)もそのひとつ。同書では、10代の自意識過剰な時期に女子だらけの環境に育つことが、その後の人生にどういう影響を及ぼすのかというテーマで、8人の作家の実体験をコミックエッセイとしてまとめたものだ。

 同書の編集担当者は企画意図についてこう語る。

 「女子校育ちは30歳を過ぎると生きやすくなる人が多いように思います。20代は日本独特のゆるふわ&愛され社会に融合しようと頑張るもののうまく対応できず、自分自身を持て余すんですね(笑)。最近、表現の分野において女子校育ちの活躍が目立つので、ぜひその独特なメンタリティについて知ってもらいたいなと」

 ダ・ヴィンチニュースでは、自身も女子校出身で、コラムニスト、ラジオパーソナリティー、作詞家など現在様々な方面で活躍中のジェーン・スーさんに、この“女子校育ちのメンタリティ”が仕事や人付き合いに与える影響について伺った。

■自分には女子校気質などまるでない、とずーっと思っていました(笑)

――『女子校育ちはなおらない』を読んでいかがでしたか?

「ド真ん中にいるときには、狂乱の楽しさに酔いしれていることさえ無自覚なもの、それが女子校です。それぞれのエピソードに“あったあった!”とニヤニヤしながら読みました」

――どのあたりが共感ポイントだったんでしょう?

「社会に出て初めて、女子校育ちの自分は異性との折衝能力が著しく低いことに気付き愕然としましたが、この本を読んでそれが私だけじゃないとわかって良かったです(笑)。辛酸なめ子さんの女子校ならではの疑似恋愛カルチャーや、最後に収録された酒井順子さんの解説も読み応え十分でしたね」

――この本のテーマでもある“女子校育ちのメンタリティ”についてはどう思いますか?

「私は高校、大学と女子校だったんですが、自分には女子校気質などまるでない、とずーっと思っていました。ですが、数年前に大学時代の同級生と集まった夜、あまりに自分と似通った女が多く“これが女子校マインドか……”と愕然としたのを覚えています」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング