○○がウマければ間違いない! おいしい立ち食いそば店の見分け方【おすすめ店ガイド付き】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月27日 11時50分

写真

『立ち食いそば図鑑 ディープ東京編』(本橋隆司:著、安藤青太:写真/マイウェイ出版)

 「師走」「年越し」の声が聴こえてくると、条件反射的に食べたくなるのが、そば。職人による手打ちのせいろをたぐるのも粋だが、時間がないときにサッと食べられて、しかも財布にやさしい価格、味もハイレベルな立ち食いそばをズズッとすするのも、また至福のとき。日本が誇るファストフード、立ち食いそばに魅せられ、都内40店舗を『立ち食いそば図鑑 ディープ東京編』(マイウェイ出版)にまとめた本橋隆司さんと、東京・杉並区を走る環七通り沿いで待ち合わせた。

【写真あり】名店『江戸丸』『天亀』のそばとは?

 本橋隆司さん(以下、本)「立ち食いそばは、駅周辺だけでなく幹線道路添いにもたくさんあるんですよ。本書では〈ロードサイド編〉として6店を紹介していて、ここ『江戸丸』さんも、そのひとつ。タクシードライバーや、早朝から車で現場に向かう職人さんたちのために朝5:00からオープンしています。お腹にしっかりたまるよう、そばだけでなく、具がぎっしりつまったおにぎりも充実しています」

 歩道に開かれた立ち食いカウンターの様子を、10分程度見ているだけでも、路肩に車を駐車した人たちがひっきりなしに訪れる。本橋さんのオススメは、春菊天そば。衣が薄く深い緑色がしっかり見える天ぷらが、太めの麺と甘辛つゆの上に鎮座している。最初はさくっとした歯ごたえの天ぷらが、つゆと混ざりあってトロトロの食感に変わっていくのも、味わい深い。

――都内には数えきれないほどの立ち食いそば店がありますが、おいしいお店の見分け方はありますか?

本「お客さんが入れかわり立ちかわり途切れないお店は、間違いないですね。あとは、古くからあるお店。その場所で長い年月ずっと支持されてきたってことだから、信頼できます。立ち食いそば店は1964年の東京オリンピックのころにでき始め、高度経済成長でモーレツに働くビジネスマンたちのニーズに応えて増えていったんです。そのころから続いているお店も数多くありますよ。新規店もできるのですが、日本人はそばを食べ慣れているから、求める味の基準もそれなりに高い。最近は業務用のつゆや冷凍てんぷらのクオリティもあがっていますが、ひと手間加えないと味が薄っぺらくてすぐにバレちゃいます。店として生き残るのが、意外とむずかしいジャンルですね」

――たしかに、天ぷらが冷凍モノってわかると、麺やつゆがおいしくないのと同様にがっかりしますね。

本「天ぷらがおいしいお店は、ほかのメニューも全部おいしいですね。手間がかかるものをそれだけ丁寧に作ってくれているというのは、ありがたいことです。この『江戸丸』さんの春菊天のように、衣が薄いところもあれば、つゆをたっぷり吸うよう衣を厚めにしているところもある。好みや、その日の気分で食べ分けるのもいいですね」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング