英国で小説化も! 世界が認めた“高倉健史上最異端の名作”とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月30日 11時30分

写真

『BULLET TRAIN(邦題:新幹線大爆破)』(ジョセフ・ランス+加藤阿礼、駒月雅子・訳/論創社)

 先日、惜しくも世を去った俳優・高倉健。さまざまなメディアで特別番組や追悼記事が組まれたため、これまで健さんに興味がなかった世代も、その人柄や業績を再認識したに違いない…と、言いたいところだが。熱心な健さんファン及び日本映画愛好家の中には「何故、あの作品の話題が出てこないのかー!!」とヤキモキした人も多いはず。そう、

【画像あり】世界が認めた映画『あなたへ』主演・高倉健の初コラム

___人人人人人人人人___
> 新幹線大爆破 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 ですよ! 1975年に公開された和製オールスター・パニック映画の傑作。公開当時、日本国内では芳しい興行成績を上げることができなかったものの、フランスをはじめ世界各国でスマッシュヒットを記録。米バラエティ誌の追悼記事(Web版)では『ブラックレイン』や『ザ・ヤクザ』とともに代表作として紹介されているくらい、健さん史上重要な作品なのである。ちなみに、関根勤氏もこの映画の超ファン。ソロDVD『カマキリ伝説2』では、作品の全シーンをモノマネで再現(新幹線のマネまで!)していたものです。

 オイルショックの影響で倒産した町工場の社長(健さん)が、元・学生運動家(山本圭)、沖縄から集団就職で上京し夢破れた若者(織田あきら)とともに、社会への復讐を決意。時速80キロ以下になると爆発する爆弾を超特急ひかり109号にしかける…と、大まかな粗筋紹介だけでもワクワクが止まらないこの作品。加えて、ひかり号の運転士が千葉真一! 千葉ちゃんに指示を出す指令室長が宇津井健ってんだから!! なんて、ひとりで興奮してますが、まぁ面白いのでぜひ観ていただきたい。健さん追悼企画なのか、Huluでも配信が始まったようですし。

 でもってようやく本題に。先ほども紹介したように、この作品、海外でも人気が高かったため、なんと英国で小説化されていたりもするから凄い。英ミステリー界の鬼才・トレヴァー・ホイルが変名で書いた『BULLET TRAIN(邦題:新幹線大爆破)』(ジョセフ・ランス+加藤阿礼、駒月雅子・訳/論創社)がそれ。1980年の発表以来、幻の小説版として大爆破ファンに知られていたのだが、2010年にようやく翻訳版が登場した。映画のノベライズということで、ストーリーはもちろんシナリオに沿っているのだが、偶然ひかり109号に乗り合わせたローラ・ブレナンという外国人女性(映画には登場しない)を狂言回しとして、事件や日本人の特性を客観的に描くなど、小説オリジナルの要素が多数含まれている点が大きな魅力となっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング