犬は家族? 家畜? その扱いの変わりようとは

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月5日 11時30分

写真

『犬のはなし 古犬どら犬悪たれ犬』(日本ペンクラブ/角川書店)

「犬は家族の一員」

Instagramフォロワー80万人! 海外でも絶賛される柴犬「まる」初の写真集の魅力

 そう考える人は最近少なくない。私自身も生まれた時には“相棒”と呼べる飼い犬サムがいて、物心つくよりも前から一緒に遊んでいた。

 サムの犬種は、ディズニーのアニメ映画『101わんちゃん』で知られるダルメシアン。短毛で白地に黒の水玉模様がトレードマークだが、我が家のサムは水玉が極端に少なく、引き取り手がいないのをかわいそうに思った父が連れ帰ったと聞いている。

 ダルメシアンとしては“不良品”の烙印を押されたサムだが、健康そのものだった。家族の残飯やみそ汁ご飯も食べ、大病もせず老衰で静かにこの世を去った。人間の食べるものを餌にするのはタブーという現代からは考えにくいが、サムは何でも食べる元気な犬だった。

 ドッグフードの種類が増えていったのも、その頃からだったように覚えている。日本ではペットフード業界はここ半世紀ほどで劇的に発展を遂げた。犬の餌が進化するにつれて、その扱い方も手厚く変わっていった。


◆ 名前は適当、放し飼いも当たり前の時代

 『犬のはなし 古犬どら犬悪たれ犬』(日本ペンクラブ/角川書店)で描かれている時代は、ペットフードが飼い犬の主食になる以前のはなし。主に江戸から昭和までの時代に生きた著名な文筆家の犬にまつわる物語が描かれている。収録されているのは、童話から俳句、落語など実にさまざま。昔言葉で軽妙に綴られている。

 名前は、ポチ、チビ、シロ、クロ、アカ、ちょっと小洒落てエスなど。かつては殆どの犬が放し飼いで飼われていることが多く、発情期には行方不明になるし、近所の宅の犬とケンカはするし、狂犬病やフィラリアなどの伝染病でなくなったというはなしがたくさん出てくる。

 例えば、かの菊池寛は大正13年頃、初めて飼った犬が闘争性の強いブルテリアだったため、いつも近所の犬に向かっていったそうだ。また、飼い犬がケンカに行く時は給仕を連れ、負けそうになると相手の犬を棒で殴るという、今から考えるとめちゃくちゃな“応援”をしていたという。

 人間の残飯を気ままに与えていた時代だ。畜生、家畜、人畜と表され、「犬のほうがまし」などとかく犬を引合いに出した言葉にいい意味はない。それでも、飼い主を送り迎えしたり、一緒に多くの時間を過ごしたりしていて、管理こそゆるいけれど今とあまり変わらない。愛らしい犬の様子が目に浮かぶ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング