子育て真っ最中! モデル・鈴木えみが編集長を務める『s’eee』最新号は「MAMA&BABY」がテーマ 【インタビュー】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月7日 11時30分

写真

『s’eee vol.5 MAMA&BABY 』

 雑誌『Seventeen』でデビューして以来、つねに、女の子たちの憧れのおしゃれアイコンとして、可愛さとクールさを兼ね備える鈴木えみさん。昨年の2月に結婚、10月には1児のママとなった彼女自らが編集長を務めるガールズマガジン『s’eee』は、普通のかわいいではなく、ハイセンスなs’eee的カワイイ=“Hiカワ”を届けてくれる。
 最新号は、妊娠・出産を経ての「MAMA&BABY」をテーマに、初のデジタルマガジンとして刊行。妊娠発覚から出産までの心の動き、子育ての大変さと楽しさが伝わるインタビューの数々をはじめ、初公開のマタニティフォト、ママのファッション&ビューティ、キッズのおしゃれとインテリア、イクメン代表のユージさん、ママ仲間の佐田真由美さん、今宿麻美さんとの対談も収録。
 たくさんのコンテンツがぎゅっと詰まった『s’eee』の箱をあけると、飛び込んでくるのは、カラフルな文字やイラストに豊富な写真たち! スクロールしていくと現れるギミックや、タップすると立ち上がるかわいいポップアップが読者をワクワクさせ、鈴木えみ編集長ならではのおしゃれなビジュアル展開にもワクワクしてしまう。 今回ダ・ヴィンチニュースは、鈴木えみさんに、『s’eee』最新号の見どころや、ご自身の子育てエピソードについてインタビューしました。

【画像あり】『s’eee』最新号「MAMA&BABY」をもっと詳しく


――「s’eee」編集長としてのこだわりを教えてください!
本当にまるごと関わっているので、とにかく細かいところまで見てほしいです。

――お子さんとのプライベ-トなエピソードをオープンにすることに抵抗はなかった?
抵抗はなかったです。子供と一緒にでるのは、これっきりと思っていて、記念というか、このタイミングでしかできないと思ったということが大きかったですね。

――女性にとって『s‘eee』は、どんな存在であってほしい?
もともとはファッションがメインなので、もうちょっとターゲットが狭まれると思いますが、最新号は、「MAMA&BABY」がテーマなので、お子さんがいる方、もちろんお父さんも、妊娠中の方やこれから子供をほしいと考えている方が楽しめる、幅広い情報を提供しているので、そういった方々に見てもらいたいです。

――子育てと仕事を両立する方法は?
もともとの性格が完璧主義なので、子供が生まれてから思い通りにならないこと、うまくできないことがすごくたくさんあって、それで結構ストレスになったり、悩んだりしました。逆に、“うまくできなくていいや”と思えるようになったんです。手抜きする方法を見つけたり、“諦めるのも大事“って思えるようになりました。全部一人でやろうとすると、どうしてもキリキリしちゃいますしね。今まで頼る習慣がなかったので、そういった面は、出産後自分の中で大きく変化したことかもしれません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング