日本で緊急復刊、米では『インターステラー』製作者の手でドラマ化! エボラの恐怖を伝えるノンフィクションが話題

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月8日 12時0分

写真

『ホット・ゾーン 「エボラ出血熱」制圧に命を懸けた人々』(リチャード・プレストン:著、高見浩:訳/飛鳥新社)

 エボラ出血熱の感染が史上最悪の規模で広がっている。過去のエボラ禍では最大で300人止まりだった犠牲者の数も、12月2日現在、西アフリカの3カ国で6000人近くに。感染者数も1万6000人を越えた。

ケネディ暗殺事件に新たな真実はあるのか? 謎は謎のまま?

 飛行機など交通網が発達した今、日本にも飛び火する危険は十分に孕んでいる。さまざまな報道から想像力を働かせ、それなりに恐怖心を覚えたものの、アフリカという遠い国々で起きた想像をも超える事態にどうしても実感が湧かない。『ホット・ゾーン 「エボラ出血熱」制圧に命を懸けた人々』(リチャード・プレストン:著、高見浩:訳/飛鳥新社)を読む前までのことだ。20年前に出版された本書は、今回のエボラ大流行に伴って緊急復刊された。

 ノンフィクションとは思えない緊迫感とドラマの連続。のめり込んでページをめくった。遠いアフリカの出来事も目の前で起きたことのように生々しく描かれている。何よりも、報道などでは詳しく伝えられない犠牲者のこと、関わった人々の心理描写などが、著者の徹底した取材の元、再現されている。


◆ よみがえる最初の犠牲者たち

 感染し始めたころ、最初に医師たちを「世界の終わりが近づいた」と思わせたのはエボラではなくマールブルグウィルスだ。エボラウィルスと共にフィロウィルス科に属する致死率の高い病原体で、症状も似ているという。感染した人間はどう“崩壊”するのか。本書によると、意識は失われ、無表情で赤い目、頭髪はまとまって抜け落ち、皮膚はただれ、わずかな力を加えただけでちぎれてしまう…。まるでゾンビを思わせる凄惨さが目に浮かぶ。

 マールブルグに最初に感染した犠牲者は、シャルル・モネ(仮名)というフランス人。孤独で動物好きのモネは、野生のサルに手から餌をやることができるほどアフリカの大自然に慣れ親しんでいたという。彼の足取りや病に冒される様子は、繊細でむごたらしい。

 エボラが最初に確認されたのは1976年。犠牲者はスーダンのヌザラで働く勤め人だった。寡黙で目立たない男性で、写真すら残されていない。コウモリが巣くう天井の下にあるデスクで仕事をしていたという。この時の感染で284名のうち151名が死亡したという記録があるが、爆発的に感染を広めたのは彼の近くに座っていた同僚とされる。最初の地味な犠牲者の男性とは対照的に、その同僚は遊び人で交友関係も賑やかだったからだ。病原体はエボラ・スーダンと分類された。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング