巴亮介、紀伊カンナ…、『このマンガがすごい!2015』の“すごい新人”に注目!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月12日 12時0分

写真

『このマンガがすごい!』(宝島社)

 世は師走。身も心も走り回るくらい忙しいのだけれど、この時期、どうしてもチェックしておきたい本がある。そう、宝島社が年に1回発売する『このマンガがすごい!』だ! 

盗聴、ダメ、ゼッタイ!?アイドル高橋さんの人には言えない趣味

 本書は、今読んでおきたいおもしろいマンガをランキング形式で紹介しているガイドブック。選者には、書店員や編集者をはじめ、評論家、スポーツ選手、アイドルに至るまで、各界のマンガ好きが名を連ねている。

 ちなみに、各メディアで報道されている通り、今年の第1位に選ばれたのは、オトコ編が『聲(こえ)の形』(大今良時/講談社)、オンナ編が『ちーちゃんはちょっと足りない』(阿部共実/秋田書店)だ。本書では、この両作品の著者にロングインタビューを敢行するとともに、「ここがすごい!」ポイントも解説している。

 また、本書は上記のランキング以外にも、さまざまな切り口で「今後くる!」であろうマンガを多数取り上げている。なかでも特筆すべきは、「この新人がすごい!」特集。来年のランクインが期待される新進気鋭の漫画家たちを取り上げたものだ。

 そのなかで注目されている作家のひとりが、『ミュージアム』(講談社)で、読者を戦慄の世界に引きずり込んでみせた巴亮介氏。猟奇殺人事件を追う刑事を主人公に据えた同作は、単行本わずか3巻という短さながら、物語の謎をしっかりと完結させた。繰り返される凄惨な事件を追いかける疾走感は、さすがの一言。読後感は決して良くないが、まるで映画を観ているかのような興奮が、そこにはある。

 さらに、BL界で注目を集める紀伊カンナ氏もニューカマーのひとり。デビュー作となる『海辺のエトランゼ』(祥伝社)で、ノンケと結ばれることに戸惑うゲイの複雑な心境を描き出したことが大きな評価を集めた。人と人のつながりを丁寧に描いた同作は、「どうせBLでしょ」と思う人にこそ読んでもらいたい一作だ。

 ちなみに、個人的に期待しているのは、現在『服なんて、どうでもいいと思ってた。』を連載中の青木U平氏。氏が描き出す独特の世界観は爆笑必至で、特に男子ならば共感する場面が多いはずだ。

 マンガそのものではなく、そのなかに登場するキャラクターに着目した特集「このキャラクターがすごい!」も読み応え十分。『進撃の巨人』(諫山創/講談社)に登場する「リヴァイ兵長」のように、いつかその存在がひとり歩きし始めるであろう、強烈で個性豊かなキャラクターたちが紹介されている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング