ブライアン・オーサーコーチが語る羽生結弦の強さとは

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月14日 11時30分

写真

『チーム・ブライアン』(ブライアン・オーサー:著、樋口 豊:監修、野口美惠:訳/講談社)

 ソチオリンピックの金メダル、世界選手権優勝、グランプリシリーズ中国大会での衝突事故と、今年は名前を聞かない日はないのではないのかというほど話題に上った羽生結弦選手。

高橋大輔は現役続行!? 旧知の仲・中野友加里に胸中を赤裸々告白

 どの試合に出ても注目されてしまう羽生選手だが、それは、もちろん強さゆえ。ジュニア時代から活躍していた彼だが、ブライアン・オーサーコーチに師事したここ数年は見るたびに強くなっているように感じられる。

 オーサーコーチが自ら語った著書『チーム・ブライアン』(ブライアン・オーサー:著、樋口 豊:監修、野口美惠:訳/講談社)から、羽生選手の強さの秘密を探ってみよう。

■チーム・ブライアンとは
 キム・ヨナ、羽生結弦と2人の選手に金メダルをもたらしたブライアン・オーサー。現在はコーチとして活躍する彼だが、元々はサラエボオリンピックとカルガリーオリンピックで2度の銀メダルを手にしたトップフィギュアスケーターだ。引退後プロスケーターとして17年過ごしたオーサーだが、キム・ヨナが訪れたことによりコーチ業に専念する。
 オーサーコーチの拠点は「トロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブ(クリケット・クラブ)」。トロント屈指の会員制スポーツクラブであり、クリケット、スケート、カーリングの他にもテニス、スカッシュ、プールなどさまざまな施設がある。オーサーはクリケット・クラブでチーム・ブライアンを結成する。
 チーム・ブライアンの中心メンバーはカルガリーオリンピック・アイスダンス銅メダリストのトレーシー・ウィルソン、振付師のデイヴィット・ウィルソン。その他、世界選手権チャンピオン ジェフリー・バトル、バトルを育てたリー・バーケルなどそうそうたるメンバーが揃う。


■羽生選手がチーム・ブライアンと出会い強化されたこと
 羽生選手といえば、体力が課題とされてきた。シニアはジュニアに比べて演技の時間が長くなる。シニアからジュニアに上がった当時はスタミナが持たないため後半、不安定な場面も多く見られた。
 そんな羽生選手に向けてオーサーコーチが行ったのは、体力作りではなくスケーティング技術の向上だった。オーサーコーチは「彼は喘息で体力もないため、滑りでムダな体力を使ってはいけません。スタミナをつけさせるよりも、スタミナを使わない滑りを身につけさせるのが正解だと思いました」と記す。また、「このスケーティングの強化はジャンプの安定性にもつながり」4回転ジャンプも安定したという。
 その他にも常に全力でスケーティングする羽生選手は、試合終了後リンクの上に倒れてしまうこともあった。審判は見所がある緩急のついた演技を好む。常に全力で演技に取り組む彼の美学を尊重しながらも、ソチオリンピックに向けては落ち着く部分は落ち着いた緩急のある演技を行うことを目標とした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング