ナチュラル「ショートカット女子」の魅力を再確認せよ! 「ドアノブ少女」「水中ニーソ」等フェチは多様化するけれど…

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月15日 12時10分

写真

『LIFE is SHORT (ライフ イズ ショート)』(ショートカット推進委員会:著/ショートカット推進委員会、塚岡雄太:編集/飯田えりか:写真/メタブレーン)

 『ドアノブ少女』(吾嬬竜孝:企画・撮影・著/えはらあい:撮影/アスペクト)、『水中ニーソ』(古賀学:著/ポット出版)という言葉に聞き覚えはないだろうか。どちらも少女たちをあるシチュエーション下に置き、撮影した写真集である。ドアノブを舐める、水中でニーハイソックスをはかせるなどの非日常感が魅力だ。

“何か住んでそうと言われる”“髪の長さがコロコロ変わる”… 天然パーマあるあるを集めてみた

 そんな中、あえて日常の中でナチュラルな女の子を撮影した写真集がある。

「女の子はショートカットにすれば、みんな可愛い」と語るのは、ショートカット少女たちの写真集『LIFE is SHORT (ライフ イズ ショート)』(ショートカット推進委員会:著/ショートカット推進委員会、塚岡雄太:編集/飯田えりか:写真/メタブレーン)の塚岡雄太さん。

「ツインテールやポニーテールなどアイドルがよくする髪型というのがあります。そこにはどうしても“アイドル”として作られた可愛さがある。それはそれで良さがあるのですが、ショートカットは作られた感がないのが魅力です」

 そんなナチュラルさが魅力だというショートカット。しかしショートカットにできる時点で、顔がある程度可愛いのでは…、と反論する筆者に対し、塚岡さんは笑顔で答えた。

「可愛さは、似合うショートカットのスタイルを自分で分かっているかどうかで決まります。誰にでも似合うショートカットが必ずあるはず」

 とは言え、髪は女の命…。長い髪をバッサリ切るには勇気がいるものだ。本書のモデルたちもショートカットにする時には、何かしらの理由や決意があったという。

「オーディション時に、ショートカットにした理由は必ず聞きました。失恋だったり、イメチェンして気分を変えたかったという理由も多い。アイドル活動をしていて、周りと差別化をはかりたいという子もいた。理由はいろいろですが、みんな何かのキッカケがあって髪を切っている」

 本書に登場する女の子たちは、オーディションに応募してきた500人を超える中から選ばれた17人だ。芸能事務所に所属している子もいるが、撮影時にはモデル経験がない子が大半だったという。


「撮影場所やシチュエーションはこちらで設定するのではなく、相談しながら決めました。その子が一番自然体でいられる場所、たとえばダンサーの子ならダンススタジオ、サブカル好きな子はヴィレッジヴァンガードの店内で。北海道出身のモデルを撮影した時、東京はたまたま大雪だったんですよ。色白で雪が似合う子だったので驚きました」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング