映画『海月姫』公開イベントで能年玲奈1日クラゲ飼育員!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月17日 21時20分

写真

能年玲奈

 12月16日、映画『海月姫』の公開直前イベントがスカイツリーの真下にある、すみだ水族館で行われ、クラゲの1日飼育員として女優の能年玲奈さんと、東京海洋大学客員准教授のさかなクンさんが登場した。

【画像】イベントの様子はこちら

 すみだ水族館は多数のクラゲが展示されており、先月からは約5,000枚の鏡空間に囲まれた「クラゲ万華鏡トンネル」もオープン。

 すみだ水族館に来館した感想として能年玲奈さんは「すごい興奮してます! 前にこの水族館に来た時よりもクラゲ(の種類)が増えてて興奮しました。」と、前にも1度 すみだ水族館に来たことがあることを明かしていた。

 一番好きなクラゲを質問されると能年玲奈さんは「やっぱり撮影共にしてた(タコクラゲの)クララが可愛くて仕方ないです。」とタコクラゲにメロメロ。

 映画『海月姫』の撮影中のエピソードとして能年玲奈さんは「長谷川さん(長谷川博己)にクラゲのポーズをしてもらいたいと思って、動きを真似してもらいま した。」と明かし、お気に入りのシーンを聞かれると「熱帯魚店で蔵之介(菅田将暉)と出会うシーンは、すごく楽しみました。」とコメント。

 この日は、タコクラゲの赤ちゃんに名前を付けることになり、能年玲奈さんは「水玉ポンちゃん」と命名。

 能年玲奈さんは「名前だけにしようと思ってたんですけど、苗字もつけた方が可愛いかなと思って、苗字を“水玉”にしました。」とニッコリ。

 そして、実際に「水玉ポンちゃん」に餌やりを行うことになり、能年玲奈さんは白衣を着て、スポイトを使って餌やり体験。

 能年玲奈さんは「すごく楽しいです。劇中では餌をあげるシーンが私は無かったのですごく興奮しました。」と語ると、その様子を見ていたさかなクンさんは「さすが海月姫、パーフェクトでぎょざいます。」と完璧な1日飼育員ぶりを絶賛。

 最後に能年玲奈さんは「映画“海月姫”はすごく強烈なキャラクターたちばかりが出て来て、楽しく気持ちよく観れる映画です。なんと言ってもクラゲがものすごく可愛いです。是非劇場にお越しいただきたいです。」とアピールしていた。

 また、この日、能年玲奈さんは実際にクラゲ万華鏡トンネルにも訪れ、水槽に展示されてるクラゲを興味深く観察していた。

 そのすみだ水族館の「クラゲ万華鏡トンネル」は2015年1月12(月)まで展示されているので、映画を観る前や観たあとに行ってみよう!

 映画『海月姫』は12月27日(土)全国ロードショー!

文=Girls News

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング