自宅の芝刈りを要求…、東大教授が助手に対して行った「いじめ」とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月18日 11時40分

写真

『東大助手物語』(中島義道/新潮社)

 『東大助手物語』(中島義道/新潮社)は、現在60代で大学を退官した哲学者が、28年前の助手時代を振り返ったもの。本書には、上司である教授から受けたいじめの様子が、著者の感じたまま正直に告白されている。
 
 では、「大学でのいじめ」とは、どのようなものだったのか――。
 
 著者は、東大の2つの学部と大学院を出た後、30歳で予備校講師の座に落ち着くが、哲学がしたいという気持ちが胸中に渦巻く。そこで、将来の職の見込みはないが、ウィーンの大学に私費留学をする。そこに、本書中でいじめの加害者とされる教授から東大の助手に招かれる。

冤罪の温床にも 検察が強引につくり出す「有罪」へのストーリーとは

 助手というのは、助教授の下に位置し、この先大学に残れるかわからない不安定なポスト。しかし何より、東大という権威ある大学での職が得られたのである。教授は恩人だ。

 ゆえに、著者も助手生活の初めは、教授に対して感謝の気持ちを抱いていた。しかし、歪みは教授の研究に対する姿勢から生まれた。教授は若い時に論文が評価されただけで、その後は研究などしていなかったのだ。著者は、徐々に教授を学者として尊敬できなくなっていく。そうは言っても、子どもではない。大人として、最低限の礼儀は尽くしているつもりだった。

 だが、著者の真意を感じ取ったのか、教授は毎日のように人格攻撃のような注意を浴びせ掛けるようになる。一挙手一投足に対して「態度が悪い」、「親の顔が見たい」などという理不尽な発言は、「うちの芝刈りを頼めないか」という要求までに発展した。「俺は一生教授の奴隷でいなければならないのか…?」と悩んだ著者は、今後も強要される教授宅の芝刈りや、教授が出張する際の空港までの送り迎えから逃れるために、法に触れるのを覚悟で金銭を教授に渡すことを考える。

 しかし結局、著者は金銭を渡すのをやめ、学科長に事実を洗いざらい打ち明けるという選択肢を取った。結果的には、新設大学助教授のポストに就任し、胸をなでおろすラストで本書は締めくくられるのだ。

 とはいえ、相談された学科長が、当の教授に真相を問うた後に、著者へ投げかけたアドバイスには驚かされる。「事件があると困るからどこかに隠れていなさい」と発言したのだ。このいじめ問題で、大学内がひっくり返る騒ぎになったことが伺える。

 アカデミズムの世界の人間関係は、権力の持ち分が露骨だ。まず、教授、助教授(現在は准教授)、助手という順序のヒエラルキーがある。さらに、博士論文の審査資格がある者とない者、博士論文の審査資格はないが修士論文の審査資格はある者、それもない者。また、修士論文の審査資格はないが講義資格はある者、どちらもない者…と、仔細に差別化がはかられるのだ。これは、博士課程を受験する者に配られる受験要綱を見れば、一目瞭然だという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング