映画「エクソダス:神と王」杏が初の吹き替えに挑戦!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月18日 20時20分

写真

杏さん

 12月17日、来年1月30日に公開される映画「エクソダス:神と王」に、女優の杏さんが吹き替え声優として出演することが発表された。

初エッセイ文庫化! 解説は村上春樹

 本作は『グラディエーター』でアカデミー賞作品賞に輝き、一作品ごとに世界中の注目を集める巨匠リドリー・スコット監督の全世界待望の最新作。2015年1月30日(金)に全国公開となる。

 そしてこの度、主人公モーゼの妻・ツィポラ役の日本語版吹き替え声優を、女優やモデルとして各方面で大活躍の杏さんが務めることが決定した。杏さんが吹替 え声優にチャレンジするのは今回が初。以前から声優の仕事に興味があったと語る杏さんの役柄は、夫であるモーゼを献身的に支え、40万人の民を救う為に旅 立ったモーゼを信じて待ち続ける芯の強い女性ツィポラ。国民的女優としての清廉で風格を感じさせるイメージが、3300年にも渡って語り継がれる伝説的英 雄モーゼの妻役に、まさにぴったりであることから、今回の起用が実現した。

 杏さんは「声のお仕事にはもともと非常に興味がありましたので、自分としては初めての試みですが是非チャレンジしてみたいと思い、オファーをお引き受けし ました。私は、主人公であるモーゼの妻の役を演じています」と起用の意気込みを語る。主人公のモーゼについて「他者のために無私の心を持つモーゼはとても 強く聡明で素晴らしい男性だと思います。一人の男性として、頼もしさを感じました。ただ、(妻である)私を置いていってしまうのは困りますね(笑)」とコ メント。作品については「この作品では、これまでのモーゼに対するイメージを覆す、新たなモーゼ像を描いているので、彼の物語にあまり馴染みのない人で あっても、エンターテインメントとして楽しめる作品になっています。一言で言うと、”スペクタクル・アドベンチャー作品”。音も映像も本当に素晴らしかっ たので、ぜひこの重量感を楽しんで欲しいです。私が演じた妻ツィポラとモーゼの夫婦の絆も見どころの一つです。ぜひ、劇場で観て頂きたいです」と語った。

●作品概要 監督:リドリー・スコット キャスト:クリスチャン・ベール / ジョエル・エドガートン / ベン・キングズレー / シガー二―・ウィーヴァー 配給:20世紀フォックス映画 (C)2014 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.


文=Girls News

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング