ヤマンバ、イベサー、ガングロ…ギャル・ギャル男はどこに消えたのか? 【元・イベサー「ive.」四代目代表 荒井悠介氏インタビュー】(前編)

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月29日 11時30分

写真

当時の荒井悠介さん(元・イベサー「ive.」四代目代表)

 1990年代から2000年代にかけて、渋谷にたくさんいたギャルたちはいったいどこへ行ってしまったのだろうか? 渋谷でトップイベサー(イベントサークル)の代表を務めた後、現在、日本で唯一の「ギャル文化研究」を専門に行う異才の研究者、『ギャルとギャル男の文化人類学』の著者である荒井悠介さんに、今のギャルの現状について聞いた。

リーマンショックと監視カメラが渋谷を変えた―悪徳成功モデルの衰退


>>後編へ「リーマンショックと監視カメラが渋谷を変えた」
http://ddnavi.com/news/221157/

■ 「ギャザリング」から「シェアリング」の時代へ
―イベサー数は最盛期の10分の1に

 イベサーはまだちゃんと渋谷に残っていて、今でも活動しているんですが、2000年前後の最盛期の300団体くらいから、現在は30団体くらいに減っていて、高校生よりも大学生の数が減っていますね。全体の人数は200人前後くらいで、最盛期の1/15程にまで減っています。とにかく下の代が入ってこない、という話を聞きますが、あと3年くらいするとイベサーの存続は難しくなるかもしれませんね。渋谷では「3年ひと昔」とよく言うのですが、特に大学生のグループは1、2年持つかどうか…。とにかく今はイベサーを維持するのが精一杯で、1人だけのサークルっていうのもあります。でもそれってサークルじゃないんじゃ…という(笑)。

 センター街でギャルたちを見かけなくなったという声もありますが、今でも集合場所などとしてストリートはかろうじて機能はしているんですよ。ただ、以前のような特徴的なファッションの若者が減っていること、人が集まった後にみんなで溜まれる店に移動すること、そしてそもそもの人数が減ったこともあって、以前よりも不可視化してしまっています。そのため「いなくなった」と思われるのかもしれないですね。

―雑誌は「イロハ」を学ぶものだった

 イベサーに人が入ってこない理由のひとつに、目立とうと思えば今はネットでいくらでも目立てる、ということがあると思います。今の時代はストリートに集まること=「ギャザリング」から、ネットによる「シェアリング」に変わってしまいました。

 以前は最先端のものに触れるには、ストリートへ直接行く必要がありました。その前の段階として雑誌などで情報を収集し、イロハを覚えていたんです。しかし今はネットやSNSを見れば、日本中どこにいても最先端のものがわかるようになった。わざわざ出かける必要のある「ギャザリング」の価値が下落してしまったんです。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング