【戦後70年を歩く】東京は世界でも指折りの「軍都」だった

ダ・ヴィンチニュース / 2015年1月2日 11時30分

写真

『大軍都・東京を歩く』(黒田涼/朝日新聞出版)

 今は平和な日本だが、かつて日本には「軍」が存在し、日本各地にはたくさんの軍施設があった。もちろん東京にも数多くの施設があり、その面積は世界でも類を見ないほど広大であったという。

書店に溢れる「ヘイト本」にNO! 「ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会」立ち上げ

 コンサートなどが行われる日本武道館のある北の丸公園には近衛師団があり、イチョウ並木が有名な明治神宮外苑には青山練兵場が、国会議事堂の前にある公園の辺りには陸軍省と参謀本部、陸軍大臣官邸があった。また板橋・十条・赤羽・王子一帯には巨大な軍の工場や火薬庫があり、中野駅近くにはあの有名なスパイ養成学校の陸軍中野学校があった。

 また六本木の東京ミッドタウンには陸軍第一師団歩兵第一連隊、新国立美術館には陸軍第一師団歩兵第三連隊、赤坂にあるTBS一帯には近衛歩兵第三連隊が駐屯していて、皇道派の青年将校たちに率いられた彼らが1936年に二・二六事件を起こしている。その直前に将校たちが謀略を巡らせたのが、赤坂のプルデンシャルタワー(元ホテルニュージャパン)が建っている場所にあった料亭「幸楽」(戦時中に撃墜されたB-29が墜落して直撃、焼失している)だった。その二・二六事件で暗殺された高橋是清の自宅は赤坂から至近にあり、現在は高橋是清翁記念公園となっている。

 第二次世界大戦が終わってから70年、現在も残っている建物などはとても少なくなってしまった。だが目を凝らせば、その痕跡はそこかしこに残っている。それは軍需品を運ぶための引き込み線の跡だったり、この先から軍の施設であるという境界を示した石や、往時を偲んで建てられた記念碑であったり、土塁の跡や土地の起伏だったりする。そうした場所を歩いて巡り、近現代史を体感できるのが『大軍都・東京を歩く』(黒田涼/朝日新聞出版)だ。

 本書は「千代田・丸の内」「赤坂・青山・芝」「外苑前・代々木」「水道橋・茗荷谷」「市ケ谷・早稲田」「板橋・赤羽」「十条・王子」「池尻大橋・駒場・三軒茶屋」「築地・中野・本所深川」というエリアを解説した全9章からなり、掲載されている地図を見ながらルートを歩けば、軍都の痕跡を見つけることができる。ということで、本書を片手にいくつか遺構を訪ねてみた。

原宿駅と渋谷駅の間にある東京都立代々木公園、NHK、国立競技場、渋谷区役所、渋谷公会堂、神南小学校のあるエリア。坂の上の平らで静かな土地には、かつて広大な敷地を持つ「代々木練兵場」があった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング