読まなければよかった…呪われる…読むと怪異に襲われる!?『黒異本』舞台化決定!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年1月7日 21時30分

写真

『黒異本』(外薗昌也/廣済堂出版)

 ネットを中心に続々と購入者の怪異報告を集めた人気怪談本シリーズ『黒異本』が2015年3月4日~8日に秋葉原ACT&Bにて生演奏、舞踏を交え演劇として上演されることが決定した。

人を異世界にさらう黒犬の正体とは?

 漫画『鬼畜島』や『犬神』『エマージング』等を手掛けたホラー漫画家・外薗昌也による実話怪談短編集で、赤・黒・白の3部が出版されており、本公演の原作『黒異本』は高港基資氏の作画で雑誌「キスカ」でコミカライズもされている。

 異本シリーズの舞台化第一弾として上演された「赤異本」は、キャンセル待ち続出となったが、今回も上演は前作と同様「劇団た組。」が手掛け、生演奏には「ももいろクローバー」等の作曲を手掛けるギタリストのあいき堂が、キャストには森岡朋奈らが出演する。

 原作は「読後感最悪」、「読まなければよかった」、「呪われる」などと読者の声は折り紙つき。劇場という逃げ場のない空間で… もしかしたら帰り道に… 忌まわしい出来事が起きないことを祈るばかりである。

「誕生日、黒いからすは死にませんでした。」
上演期間:2015年3月4日(水)~3月8日(日)
料金:3,000円
会場:秋葉原アトリエACT&B
   東京都千代田区神田和泉町1-1-7 B1
演奏:あいき堂
舞踏家:鮫島 拓馬
脚本:沢崎 麻也
演出:加藤 拓也
企画・製作:た組。/わをん企画
予約: 2015年1月20日(火)12時~予約開始

⇒た組。「誕生日、黒いからすは死にませんでした。」予約ページ
https://ticket.corich.jp/apply/61079/

■『異能怪談 赤異本』
著:外薗昌也
出版:竹書房
発売日: 2012年9月29日

■『黒異本』
著:外薗昌也
出版:廣済堂出版
発売日: 2013年7月17日

■『白異本』
著:外薗昌也
出版:廣済堂出版
発売日: 2014年7月17日

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング