美男美女、人生最後のセックスは切腹の余力を残して終了!? ―三島由紀夫『憂国』|連載第3回

ダ・ヴィンチニュース / 2015年6月27日 11時30分

写真

『憂国』(三島由紀夫)

 「愛おしき変態本」第3回は、三島由紀夫の『憂国』をお届けする。昭和の時代を生き、ノーベル文学賞候補ともいわれた日本を代表する作家のプロフィールを紹介しよう。

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら

●みしま・ゆきお 1925年(大正14年)東京市四谷区出身。本名は平岡公威。41年、学習院中等科在学中に『花ざかりの森』を雑誌に発表、この時「三島由紀夫」のペンネームを初めて使う。47年東京大学卒業後、大蔵省に入省。48年に退職し、49年に発表した『仮面の告白』で新進作家として注目を集める。『禁色』『潮騒』『金閣寺』『鏡子の家』『豊饒の海』などの小説や『サド侯爵夫人』といった戯曲や歌舞伎、エッセイ、評論など数多くの作品を発表。また作家以外にも俳優、モデル、歌手など多方面で活躍した。1970年(昭和45年)11月25日、自衛隊市ケ谷駐屯地を訪問して自衛隊の決起を促す演説を行い、その後割腹自殺を遂げた。

 三島というと「絢爛たる美文」「次から次へと繰り出される華麗なるメタファー」「濃厚で濃密な描写」といった先入観から、高尚・スノッブ・ハイブローでなんだか近寄りがたい、と思われるかもしれない。確かにそうした面は否めない…のだが、そんな人にこそ読んでもらいたいのが、文庫本で30ページあまりの『憂国』だ。その理由は、三島本人が解説でこのように書いていることにある。

 かつて私は、「もし、忙しい人が、三島の小説の中から一編だけ、三島のよいところ悪いところすべてを凝縮したエキスのような小説を読みたいと求めたら、『憂国』の一編を読んでもらえばよい」と書いたことがあるが、この気持には今も変りはない。

 物語の舞台は1936年(昭和11年)2月26日に起きた「二・二六事件」だ。登場人物は近衛歩兵第一聯隊に勤務する武山信二中尉(30)と、その妻・麗子(23)。結婚式に出た人はもちろん、写真を見ただけでビックリしてしまう人がいるほどの美男美女の夫婦だ。そんな二人、なかなか激しかったようで…

 二人とも実に健康な若い肉体を持っていたから、その交情ははげしく、夜ばかりか、演習のかえりの埃だらけの軍服を脱ぐ間ももどかしく、帰宅するなり中尉は新妻をその場に押し倒すことも一再でなかった。麗子もよくこれに応えた。最初の夜から一ト月をすぎるかすぎぬに、麗子は喜びを知り、中尉もそれを知って喜んだ。

 まだ明るい内から汚れた軍服姿の夫に押し倒されてもまったく嫌がらずに受け入れる…どころか感じてしまう美人妻。さらには口答えせず、軍人の妻たる者は…という夫の訓戒には黙って懐剣を見せる(死ぬ準備は出来ているという意思表示)など、戦前の軍人の妻の鑑のような女性だ。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング