ささみダイエットは料理の仕方がポイント!

楽天レシピ デイリシャス / 2018年4月24日 7時0分

ささみダイエットは料理の仕方がポイント!

なぜささみはダイエットによい?

ささみダイエットとは、1日のうち、ささみを1~2本食べるという方法です。ささみは低カロリーで高タンパクのため、人気のダイエット食品です。ビタミンB群も多いため、代謝をスムーズにしたり、疲労を回復させる働きもあります。また、そのまま茹でたり、レンジでチンするだけで簡単に調理ができるので、誰でも簡単に始められるダイエット法です。

ささみダイエットのやり方と注意点

ささみを使った料理を食べるだけですが、特に夜に食べるのがおすすめです。また、炭水化物が気になる方は、1食はごはんなどを減らしたり、控えたりしても良いでしょう。ただし、筋肉にとっても炭水化物は重要なので、毎食食べなかったり、減らしすぎたりしないように注意しましょう。

また、栄養バランスの偏りを防ぐためにも、タンパク質をささみだけにするのではなく、豚肉や牛肉なども食べたり、豆腐などの大豆食品も食べるようにしましょう。

ささみ料理のポイントと失敗例

ささみは脂質がない分、淡白な味で、それだけでは満足感が得られないというデメリットもあります。チーズを使ったレシピや揚げ物はおいしく仕上がりますが、高カロリーになりがちなので、これらは控えるようにしましょう。また、ドレッシングも、濃厚なとろっとしたタイプはカロリーの高いものが多く、野菜と一緒に食べる際は、量に注意する必要があります。ノンオイルドレッシングをかけたり、味噌、わさび、柚子こしょう、マスタードなどの調味料は味に変化をつけやすくおすすめです。また、のりや梅を使ったり、ゴマをかけたり、しそやネギなどの香味野菜と一緒に食べると風味が加わり、低カロリーでおいしく食べやすくなります。

おすすめレシピ

ささみは、色々な料理に使える万能食品ですが、ダイエット中は、たっぷりの野菜とともに、スープやサラダにいれて食べるのもおすすめです。ささみを茹でる際には、酒・しょうが・ネギを入れて茹で、沸騰したら、蓋をしてそのまま放置するとパサつきが少なくなり、しっとり仕上がります。

また、納豆と混ぜたり、ごはんに混ぜたりするなどしてかさ増しさせるのも、簡単でおすすめのレシピです。

(テキスト: 管理栄養士 岡田 あや)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング