コトコト絶品「ブロック肉」の煮込み料理

楽天レシピ デイリシャス / 2019年11月15日 7時0分

コトコト絶品「ブロック肉」の煮込み料理

ブロック肉で煮込み料理
秋から冬にかけて食べたくなるのがお肉をコトコト煮込んだ煮込み料理。ビーフシチューや角煮など、口に入れてほろっと崩れる瞬間がたまらなくおいしいですよね。しかし、ブロック肉とひとことで言っても肉の部位はさまざま。

豚の角煮によく使われるのは豚バラ肉または豚ヒレ肉です。バラ肉は脂身が多く、ヒレ肉脂身が少なくさっぱりとしているのが特徴です。

ビーフシチューに使われるのは、牛スネ肉や牛もも肉などが一般的。牛スネ肉はすじが多いのですが、コトコト長時間煮ることでほろほろっとした食感になります。

一方、牛もも肉はスネ肉よりもさっぱりといただけます。煮込み料理を作るときは、部位もこだわって肉を選ぶようにしましょう。

下処理や下味をすれば加熱のみ
ブロック肉はコトコト長時間加熱することで肉がやわらかくおいしく仕上がります。加熱時間が長いので、下処理や下味の漬け込み時間が前もって行っておくようにするとスムーズに調理できます。
出かける前に肉に下味を付けて保存袋に入れて冷蔵庫に入れておく、チャーシューなどを作る時は糸で縛るのを前もって行っておくなどがあげられます。

圧力鍋や炊飯器で手軽に
コトコト煮る時間を少しでも短縮したいというときは、圧力鍋を使うのもおすすめです。加圧して煮ることで、短時間でお肉がやわらかく仕上がります。今回紹介する煮込み料理だけでなく、肉じゃがやふろふき大根などさまざまな料理に使えるので、1つあると便利かもしれません。
また、炊飯器を使えばほったらかしで調理できるのでこちらも楽ちんです。火を使わないので他の料理や家事と同時に行うことが可能です。

(テキスト:管理栄養士 若子 みな美)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング