6月30日(金)は「夏越ごはんの日」! SNSでも急上昇!新・行事食「夏越ごはん」が話題

Digital PR Platform / 2017年6月8日 12時1分

写真

~6月30日(金)は「夏越の祓」!1年の後半を新たな気持ちでスタート~
定食チェーンの全国販売や首都圏スーパーマーケットでの提供も決定!

公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構(以下、米穀機構)では、一年の前半の罪や穢れを祓い、残り半年間の無病息災を願う神事として、古来より全国の神社で行われている「夏越の祓(なごしのはらえ)」に合わせ、新たな行事食として「夏越ごはん(なごしごはん)」を提唱しています。
「夏越ごはん」とは、雑穀ごはんの上に、「茅の輪」をイメージした、緑や赤の旬の夏野菜を使った丸いかき揚げをのせ、おろしだれをかけたものを基本としています。

■新トレンド!フォトジェニックな「夏越ごはん」がインスタグラムで話題
さらに、今年より、夏を元気に乗り切れるよう夏野菜を使ったメニューに、茅の輪くぐりにちなみ、食材の切り方や作り方、盛り付けで丸いモチーフを取り入れるなど、オリジナリティ溢れるアレンジを加えた「夏越ごはん」も登場。インスタグラムを中心にフォトジェニックな「夏越ごはん」が多数投稿され、新トレンドとして広がってきています。

<例>
“茅の輪”にちなみ、雑穀ごはんで丸い形の海苔巻きとまんまるおにぎりの2種類を用意し、それぞれに旬の夏野菜の天ぷらを乗せた「夏越おにぎり弁当」。Instagram:cafe_mako
雑穀ごはんのチキンカレーに、“茅の輪”をイメージした緑や邪気を払う赤の夏野菜を乗せた「夏野菜チキンカレー」。
Instagram:rororo_roco

■都内神社74社が協力!赤坂氷川神社にて「夏越ごはん」の先着200食無料配布も
夏越の祓の神事に合わせ、今年も都内の神社74社において、ご参拝時に「夏越ごはん」のレシピと「雑穀米」をご神饌として配布していただきます。
また、赤坂氷川神社では、6月30日(金)17時から執り行われる「夏越の祓」の神事において、ご参拝された方の中から先着200名に、ミニサイズの「夏越ごはん」を無料配布いたします。※雨天中止

■定食チェーンでは初となる全国展開!首都圏スーパーマーケットでの提供も決定
今年は、協力飲食店数も大幅に規模拡大が決定。外食チェーンにおいては、定食チェーン「やよい軒」で、6月13日(火)~30日(金)の期間、初の全国展開(約330店舗)がなされ、(株)ラムラが展開する「土風炉」・「鳥元」・「音音」など計49店舗においても販売予定です。さらに、スーパーマーケットにおいては、首都圏約250店舗の「マルエツ」で、6月28日(水)~30日(金)の期間販売が決定しました。その他、都内の幅広いエリアの飲食店でも、カフェ風やアジア風などバラエティに富んだメニューが展開されます。※店舗により販売期間は異なります。

トピックスRSS

ランキング