「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」(総戸数598戸) 2017年11月23日(木・祝)より第1期販売開始

Digital PR Platform / 2017年11月20日 13時12分

写真

武蔵小山駅前再開発第1号のタワーマンション
~ 資料請求数:9,000件以上、モデルルーム累計来場者数:約1,700組 ~

このたび、三井不動産レジデンシャル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 藤林清隆)と旭化成不動産レジデンス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 池谷義明)は、東京都品川区小山3丁目において建設中の免震タワーマンション「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」(地上41 階建、総戸数598戸(うち販売総戸数491戸))の第1期販売を11月23日(木・祝)より開始することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

■第1期販売概要
登録受付期間:2017年11月23日(木・祝)~11月26日(日)
販売戸数:204戸
専有面積:47.08m2(25戸)~122.11m2(1戸)
販売価格:6,750万円(1戸)~26,390万円(1戸)
間取り:1LDK~3LDK

本物件は、武蔵小山駅前大規模再開発の第1号プロジェクトです。「武蔵小山」駅まで徒歩1分、東急目黒線の利用で「目黒」駅まで1駅3分(急行利用)と、近年のトレンドである「職住近接」を実現できるアクセスの良さを誇り、同時に、カジュアルでフレンドリーな雰囲気を有する武蔵小山エリアの中心に立地しています。また、設計に日本設計、施工に鹿島建設、デザイン監修に光井純 アンド アソシエーツ建築設計事務所を迎え、デザインイメージの骨子に「武蔵小山の街の個性」を据えた計画としており、2017年4月の物件サイト開設以降、お客様からの資料請求数は9,000件以上、モデルルーム累計来場者数も約1,700組に達するなど、多くのお客様に購入の検討をいただいております。

(1)武蔵小山駅前エリア再開発の第1号プロジェクト
(2)商店街中心のストリート型の街に、コミュニケーションと憩いの場となる「広場」を計画
(3)40以上の商業施設や周辺道路の整備、公共的・商業用自転車置場などを設ける再開発計画
(4)利便性の高い街にさらに楽しみを加える、充実した共用施設やサービス

               [画像1]https://digitalpr.jp/simg/407/24656/350_198_201711201211065a1247ca5d386.jpg
                          <「ザ プラザ(広場)」完成予想CG>

トピックスRSS

ランキング