~年金基金など多くのプロの投資家が認めた運用手法~ 『MFS・グローバル株式ファンド(愛称:歴史のチカラ)』 新規設定について

Digital PR Platform / 2019年7月24日 10時48分

写真

三井住友DSアセットマネジメント株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:松下隆史)は、投資信託『MFS・グローバル株式ファンド(愛称:歴史のチカラ)』を7月23日に新規設定したことをお知らせいたします。

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1387/34031/300_306_201907241010475d37b01714247.png


 当ファンドは、日本を含む世界の株式の中から、持続可能な利益成長が期待できる企業等の株式に投資します。
 実質的な運用を担当するMFS(マサチューセッツ・ファイナンシャル・サービセズ・カンパニー)は、1924年に創業した、米国で最も歴史のある運用会社のひとつです。同社の運用商品「MIT(マサチューセッツ・インベスターズ・トラスト)」は1924年7月の運用開始から約100年の実績があり、現在は運用開始時の約4,126倍の水準まで上昇しています(※)。日本においては、年金の運用会社として高い知名度があります。
※当ファンドの実績ではありません。2019年3月末現在、米ドルベースです。

 MFSが運用を開始して以来、世界大恐慌やブラックマンデー、リーマン・ショックなどさまざまな金融危機が訪れました。同社はこれらの危機のさなかでも「長期投資」の哲学を貫き、投資家に魅力的な投資成果をお届けしております。


[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1387/34031/650_433_201907241010555d37b01fcc544.png


■ファンドの概要についてはこちら
https://www.smam-jp.com/fund/top/1254324_1551.html

■ファンドの交付目論見書はこちら
https://www.smam-jp.com/fund/pdf/181902k.pdf


【三井住友DSアセットマネジメントについて】
三井住友DSアセットマネジメントは、三井住友アセットマネジメント、大和住銀投信投資顧問が合併し、2019年4月1日に発足した資産運用会社です。投資信託ビジネスと投資顧問ビジネスを行っており、フィデューシャリー・デューティーに基づく最高品質の運用パフォーマンスとサービスを提供することにより、全てのステークホルダーのQuality of Lifeの向上に貢献してまいります。

重要な注意事項
■当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
■当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。
■当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
■当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
■当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
■当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

三井住友DSアセットマネジメント株式会社 
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第399号
加入協会:一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会


本件に関するお問合わせ先
三井住友DSアセットマネジメント株式会社 営業企画部 広報チーム
木村Tel:03-5405-3209   
松嶋Tel:03-5405-0791、090-8343-2152
FAX:03-5405-0895    Mail:pr@smd-am.co.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング