「ラグビーワールドカップ2019日本大会、1次リーグ日本戦4試合」は全国で何人が見た? ~「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計~

Digital PR Platform / 2019年10月18日 14時25分

写真

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、社長:望月 渡)は、「ラグビーワールドカップ2019日本大会」1次リーグの日本戦4試合のテレビ生中継における日本全国でのリアルタイム総視聴人数を推計しましたのでお知らせいたします。

■「ラグビーワールドカップ2019日本大会、1次リーグ日本戦」は日本全国で何万人に視聴されたのか?
日本は1次リーグの最終戦でスコットランドと対戦、28-21で勝利し、全勝で日本ラグビー史上初となる決勝トーナメントへの進出、ベスト8入りを果たしました。日本テレビ系、NHK総合、NHK BS1で生中継が放送された1次リーグの日本戦4試合について、国内27地区で実施している機械式テレビ視聴率調査データを用い、日本全国の「番組視聴人数」を推計しました。

4試合いずれかのリアルタイム視聴者は日本全国で推計約7,903万人
[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1272/35465/700_208_201910181146135da9277574d4d.png

※1 日本テレビ系は「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の放送局のうち、当社で機械式視聴率調査を実施していない山梨、福井、徳島、宮崎地区を除いた26地区(局)を対象
尚、テレビ大分において「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の放送がなかった日程は対象外にして集計しています。
NHK総合及びNHK BS1は27地区を対象
※2 NHK総合及びNHK BS1は、試合中に放送されたニュース番組を含めて集計
※3 9月20日(金)の試合はNHK BS1、日本テレビ系のいずれかを見た人数で集計
【番組視聴の定義】
-個人全体4才以上における1分以上の番組視聴を“見た”と定義し、調査地区毎に推計視聴人数を算出し、全国化しています。
-「推計全国番組視聴人数」は、「ユニーク視聴人数」であり、視聴者の重複はありません。(ザッピングして何度かチャンネルを合わせた場合も1カウントとして集計しています)
-関東、関西、名古屋、北部九州地区は個人視聴率調査結果を元に算出し、その他の地区は、当該地区の世帯視聴率調査結果と関東、関西、名古屋、北部九州地区の個人視聴率調査結果から推計しています。また推計にあたっては、住民基本台帳の世帯数、テレビ視聴率調査エリア推定世帯数及び人口、テレビ所有率の最新データを使用しています。


【参考】機械式世帯視聴率調査地区および調査世帯数
[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1272/35465/700_474_201910181149275da9283733a61.png
※山梨、福井、徳島、佐賀、宮崎地区においては、現在機械式視聴率調査を実施しておりません。

[画像3]https://digitalpr.jp/simg/1272/35465/700_87_201910181302225da9394ef257f.PNG




ビデオリサーチは、テレビ視聴率調査をはじめ、ラジオ、新聞、雑誌、屋外メディア、インターネットなどの各種媒体接触・評価調査、広告効果調査・分析などのメディアリサーチサービス、および生活者動向や商品・ブランドの市場調査、世論調査などのマーケティングリサーチデータを提供する総合リサーチ企業です。


本件に関するお問合わせ先
株式会社ビデオリサーチ
経営管理局 コーポレートコミュニケーション室
TEL: 03-5860-1723 FAX.03-3556-8914 E-mail:info@videor.co.jp

関連リンク
「ラグビーワールドカップ2019日本大会、1次リーグ日本戦4試合」は全国で何人が見た? ~「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計~
https://www.videor.co.jp/press/2019/191018.html

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング