給湯器リモコン/アダプタが、シャープのHEMSに対応! クラウドサービス「COCORO ENERGY」(シャープ製)と連携を開始

Digital PR Platform / 2019年11月25日 15時0分

写真

~ 無線LAN対応給湯器リモコンRC-G001EW/ECHONET Liteアダプタ EL-2-G ~

 湯まわり設備メーカーの(株)ノーリツ(本社:神戸市、代表取締役社長:國井総一郎、資本金201億円、東証一部上場)が製造・販売する無線LAN対応給湯器リモコン「RC-G001EWシリーズ」(2018年9月発売済)とECHONET Liteアダプタ「EL-2-G」(2019年3月発売済)が、シャープ株式会社のクラウドサービス「COCORO ENERGY(ココロエナジー)」との連携を2019年11月25日から開始いたします。
 「RC-G001EWシリーズ」および「EL-2-G」は、ECHONET Liteアダプタ機能を搭載し、ガスふろ給湯器(GTシリーズ)、ガス温水暖房付ふろ給湯器(GTHシリーズ)に対応できます。今回の接続連携により、HEMSコントローラーを使用して“おふろのお湯はり”の操作が可能になります。
 当リモコンおよびアダプタは、HEMSコントローラーとの連携による家全体のエネルギーの見える化と一元管理に対応し、エネルギーを無駄なく使用するエコで快適な暮しに貢献いたします。
[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1529/36201/700_427_201911251108365ddb37a4744c4.png

[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1529/36201/700_309_201911251108415ddb37a917a0f.png

<COCORO ENERGYとの連携機能>
 ・ふろ操作 : ふろ自動湯張り 「ON/OFF」 


[画像3]https://digitalpr.jp/simg/1529/36201/700_283_201911251131305ddb3d02808c0.png

注1) 給湯器リモコンが「運転ON」の時のみ、COCORO ENERGYからのふろ操作が行えます。あらかじめ「運転ON」の状態にしてお使いください。
注2) 給湯器リモコンの誤操作防止用ロック機能が有効(ロック中)でも、COCORO ENERGYからの操作を行うことができます。
注3)COCORO ENERGYと接続した場合、ノーリツ製スマートフォンアプリ「わかすアプリ」からの操作はできません。
注4) 対応機器の詳細はクラウド連携エネルギーコントローラの接続確認済み機種一覧をご確認ください。
 (参考) https://jp.sharp/e_solution/mieruka/products/matching.html


※ニュースリリースに記載されている内容は、発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますので、ご了承ください。

<“きれいな地球を次の世代へ”をスローガンに取り組むノーリツグループの環境経営>

ノーリツは「新しい幸せを、わかすこと。 ~人と地球の笑顔に向けて暮しの感動をお届けする ノーリツグループ~ 」をグループのミッションとし、「地球環境」「消費者安全」「人材」「サプライチェーンマネジメント」の4分野を、価値創造に向けたマテリアリティ(優先課題)として展開しています。

2015年に国連で採択された17の「SDGs」(持続可能な開発目標)において、ノーリツグループとの事業活動と特に関わりの深い「No.13」(気候変動対策)と「No.12」(つくる責任/つかう責任)の2つの目標に重視して取り組んでおり、2020年までに製品使用によるCO2排出量を2000年比で300万トン以上削減することを目標に掲げています。ノーリツグループは国際社会の一員として「SDGs」の実現に貢献するとともに、これからも継続して地球環境の改善に努めていきます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング