聖心女子大学の学生が商品パッケージを開発したお茶を10月17日より販売 -- 現代教養学部・大槻ゼミ×椿宗善のコラボ企画

Digital PR Platform / 2020年10月15日 14時5分



聖心女子大学(東京都渋谷区)現代教養学部人間関係学科大槻ゼミナール(担当教員:大槻奈巳教授)は10月17日(土)から、学生が商品パッケージを手掛けた4種類のお茶をオンラインで販売する。これは、椿宗善 広尾店(東京都渋谷区)とのコラボ企画で、販売サイトの準備や商品PR動画の作成なども学生らが行っている。販売価格はそれぞれ、小サイズが400円(税込)、大サイズが1,000円(税込)。




 大槻ゼミではこれまでにも、大学に隣接する広尾商店街のさまざまな店舗とコラボ商品を販売してきた。椿宗善広尾店とは2019年からコラボ商品の販売を行っており、新しいターゲット層を獲得したい老舗お茶店と、生産者側の視点を養いたい学生の考えから企画された。


 例年、コラボ商品は10月に行われる「聖心祭」で販売してきたが、今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で聖心祭がオンライン開催になったことを受け、WEBでの販売を決定。販売サイトの準備や、商品PR動画の作成なども学生が行っている。


 5月から準備を開始したものの、コロナ禍によりオンラインでの打ち合わせがメインとなり、コミュニケーションを取ることが難しい状況に陥った。そこで、プロジェクトを円滑に進めるため、11名のゼミ生がパッケージデザイン、販売、動画作成など担当業務ごとにチームに分かれ、責任者を明確にすることで効率的にプロジェクトを進行した。


【教員コメント】
・聖心女子大学 大槻奈巳教授(現代教養学部人間関係学科)
 消費者の目線しかもっていなかった学生が、企業の企画販売の視点を養い、実際に企画を実現するために、学生たち自身がマネジメント方法を編み出していきました。


【ゼミ学生のコメント】
 企業との実際のやり取りの中で、企画を作り上げていくことの大変さや責任を学びました。たくさんの方に楽しんでいただける商品になったと思います。


[椿宗善 広尾店コメント] 
 お茶はとても身近な素材でありながら、製作・販売となると様々な角度からの視点が必要です。今回のコラボ企画が学生の皆さんの今後に役立ち、消費者の方々にも喜んでいただけると嬉しいです。


【今回販売するコラボ商品ラインナップ】
・白桃ウーロン茶
・紅茶
・煎茶(聖心茶)
 小サイズ:各400円(税込)、大サイズ:各1,000円(税込)

【販売サイト】
  https://otsukizemi.thebase.in/



[大槻ゼミナール]
 職業社会学を扱う大槻ゼミでは、職業が人々にとって、社会にとってどのような意味を持っているのかを考え、特に女性が働く社会構造についてジェンダーの視点から学んでいる。







▼本件に関する問い合わせ先
広報・社会連携部 広報課 ※現在、運営体制を縮小しておりますため、メールでお問い合わせいただけますと幸いです。
福田・小島
住所:〒150-8938 東京都渋谷区広尾4-3-1
TEL:03-3407-5076
FAX:03-3407-5929
メール:koho@u-sacred-heart.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング