白鴎大学と株式会社足利銀行が「地方創生の推進に関する協定」を締結 -- 北関東を盛り上げるために幅広い分野で連携

Digital PR Platform / 2020年11月13日 14時5分

写真



白鴎大学(栃木県小山市/学長:奥島孝康)と株式会社足利銀行(栃木県宇都宮市/頭取:清水和幸)は11月11日、北関東の持続可能性をテーマに「地方創生の推進に関する協定」を締結した。これは、幅広い分野において相互に協力・連携し、各々が有する経営資源や機能を有効に活用することで相乗効果を高めながら、地域の活性化とその担い手の育成に取り組み、持続可能な地域社会の実現に寄与することを目的に締結したもの。講演やワークショップ等のイベントや、足利銀行の行員による授業のほか、同大の教員が足利銀行の月報に寄稿するなど、さまざまな事業を計画している。




 白鴎大学はこのたび、足利銀行と「地方創生の推進に関する協定」を締結した。同大は今後、北関東を拠点に、大学として研究による地域貢献を図るとともに、民間の力を活用しながら、地域の持続性を得るという目的を達成することを目指す。調印式および連携事項についての概要は下記の通り。

◆株式会社足利銀行・白鴎大学地方創生の推進に関する協定調印式 概要
【日 時】 2020年11月11日(水)15:00~
【場 所】 白鴎大学 本キャンパス11階第1会議室
【出席者】
 足利銀行 清水 和幸 頭取
 白鴎大学 奥島 孝康 学長 ほか

■連携事項
(1)学術・研究・教育分野での相互の支援、協力
(2)地域振興、地方創生分野での協力連携事業創出
(3)出版、情報発信分野での研究成果、コンテンツの相互提供
(4)講演等イベント、ワークショップの企画運営

■奥島孝康学長のコメント
 このたびは、足利銀行と本学の両者が、拠って立つこの北関東を盛り上げるために、地域の持続性を考え、地方創生、地域活性化、地域の産業創造といった社会課題に協力して取り組み、その道筋を示す必要があると考えております。これはまさに、政府も推進する地域社会の持続可能な発展に寄与するSDGsの理念にも合致する試みだと思っております。
 この協定を礎に、足利銀行様に本学の授業をご担当いただくほか、本学教員の足利銀行様の月報への寄稿、あしぎん総研様の寄稿を本学の広報物に掲載するなどで連携し、大学として研究による地域貢献を図るとともに、民間の力を活用し地域の持続性を得るという目的の達成を目指していきたいと考えます。


▼本件に関する問い合わせ先
白鴎大学広報課
住所:〒323-8586 栃木県小山市駅東通り2-2-2
TEL:0285-20-8117(直通)
FAX:0285-22-8901


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング