1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

金沢大学事務室がフリーアドレスに -- 国立大学法人では初の試み、働き方改革と感染症対策の実現へ

Digital PR Platform / 2021年3月17日 14時5分

写真



金沢大学ではこのたび、事務室のフリーアドレス化を実現した。これは、働き方改革と感染症対策を念頭に若手事務職員が企画したもの。感染症対策を意識したデスク配置を取り入れ、部署をまたいだ打合せなどの業務を効率化した。なお、国立大学法人における事務室のフリーアドレス化は初めて(金沢大学調べ)となる。




 フリーアドレスとは、座席位置の固定をなくし,そのときの業務に合わせて自由に座席位置を変化させること。「コロナ禍でもコミュニケーションを活性化したい」「テレワークをもっとやりやすくしたい」といった発想をきっかけに、若手事務職員自らが企画・立案し、実現した。

 さらに、金沢大学では電子決裁を導入。書類の印刷を大幅に削減し、従来から取り組んでいるペーパーレス化をより強く推進することで、テレワークで対応可能な業務範囲を広げるとともに、経費の削減、環境負荷の低減にも寄与することが期待される。

 同大はこれからも、既成概念に捉われることなく、柔軟な考え方で教育研究のサポートに取り組んでいくとしている。

 なお、フリーアドレス化の様子については、動画でも公開している。

●【若手職員チャレンジ】はじめての「フリーアドレス化」#1 ドラマ編
  https://www.youtube.com/watch?v=N-iZf8OAeCM
 
●【若手職員チャレンジ】はじめての「フリーアドレス化」#2 リポート編
  https://www.youtube.com/watch?v=HsnklX7Lp9E
 

監督・編集:KSPS(金沢大学学生プロモーションスタッフ)


▼本件に関する問い合わせ先
金沢大学 総務部広報室
住所:〒920-1192 石川県金沢市角間町
TEL:076-264-5024


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング