1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

SOUL、ワイヤレスオーバーイヤーヘッドホン2機種を8月中旬から発売

Digital PR Platform / 2021年7月26日 11時1分

写真

Bluetoothマルチポイントテクノロジー採用でANC対応のハイエンドモデル「EMOTION MAX」
コストパフォーマンスに優れたエントリーモデル「ULTRA Wireless」


[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/2062/49712/700_555_2021072610283060fe0fbe8f6ca.png


米国発のオーディオブランド、SOUL(企業名:SOUL ELECTRONICS LIMITED / 以下SOUL https://jp.soulnation.com/
)は、Bluetooth マルチポイントテクノロジーを採用した高性能アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能、外音取込機能、ノイズキャンセルクリアマイク搭載のハイエンドモデル「EMOTION MAX」(オープン価格【当社直販サイト価格】:税込12,800円 *参考)と、最高の音質と洗練されたデザインを兼ね備え、コストパフォーマンスに優れた、「ULTRA WIRELSS」(オープン価格【当社直販サイト価格】:税込4,980円 *参考)のワイヤレスオーバーイヤーヘッドホン2機種を8月中旬より、全国家電量販店ならびにオンラインストアで販売することを発表しました。

Bluetooth SIGとABIリサーチの2021年4月の「Bluetooth®市場に関する調査*によれば、
ワイヤレスヘッドホン/スピーカーなどを含むオーディオストリーミング分野で、2021年に約13億台の出荷が予測され、その内の半数にあたる約6億3300万台はBluetoothヘッドホンが出荷されています。SOULは、ヘッドホンの開発からスタートしたブランドとして、近年は香港を中心としたアジア圏でヘッドホンを販売して参りましたが、オンラインコンテンツの視聴やテレワーク等で日本においてヘッドホン市場に新たな需要の高まりが出てくる中で、SOULはこれらのニーズに応える為、ハイエンドモデルのEMOTION MAXとエントリーモデルのUltra WIRELESSを発売することにしました。
*Bluetooth SIG / ABIリサーチ 2021年4月「Bluetooth市場動向2021」 https://www.bluetooth.com/ja-jp/bluetooth-resources/2021-bmu/

SOULの最高経営責任者であるギャリー・ソー(Gary So)はEMOTION MAXについて次のように述べています。「装着感からテクノロジー、そしてパッケージングに至るまで、SOULは今日の消費者がワイヤレスのオーバーイヤーヘッドホンに何を求めているかに耳を傾けてきました。EMOTION MAXは、卓越した機能と緻密なサウンド性能を備えているだけでなく、パッケージングに使用されるプラスチックも98%排除しています。」

更に次のように述べています。「SOULは、消費者の生活の中で音楽が非常に重要な役割を果たしていることを認識しており、それぞれのライフスタイルに合った製品を開発することをモットーとしています。従来のオーバーイヤーヘッドホンは、品質には定評がありますが、外出の多いアクティブな消費者にとっては邪魔な存在でした。ULTRA WIRELESSの登場により、SOULのファンは、快適で持ち運びにも便利な、卓越したオーディオパフォーマンスを発揮するオーバーイヤーヘッドホンでどんな時もお気に入りの音楽を楽しめるようになります。」

■EMOTIN MAXについて


[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/2062/49712/393_290_2021072610293460fe0ffea641c.jpg
[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/2062/49712/197_290_2021072610294060fe10043d075.jpg


Bluetoothマルチポイントテクノロジーでデバイスの複数接続に対応
Bluetoothマルチポイントテクノロジーにより、スマートフォンとPCなど異なる2つのデバイスから同時に音楽をストリーミングや、通話、通知を受け取ることができ、動画の視聴中に電話の着信やメッセージを逃すことなどはありません。

利用シーンに合わせて選べる3つのモード
ノーマル、アクティブノイズキャンセリング、オーディオトランスペアレント(外音取り込み)の3つのモードを用意しており、コンテンツや屋内外など利用シーンに合わせて簡単に切り替えることができます。

強力かつクリアなサウンド
40mmドライバーとAptXおよびAACコーデックによって実現される強力なサウンドだけでなく、内蔵のQualcomm® CvC™ 8.0(Clear Voice Capture)により、ウェブ会議などでもクリアな通話や音質で利用できます。

長時間のバッテリー駆動
700mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、最大38時間の連続再生/通話時間(ANCがオンの場合は24時間)に対応しており、バッテリー時間を気にせず、音楽、エンターテインメントを楽しめます。

快適性、機能性を兼ね備えたデザイン
EMOTION MAXは、シックで美しいデザインだけでなく、快適性、機能性を兼ね備えています。交換可能なプレミアムプロテインレザーと通気性に優れたメッシュのイヤーパッドが付属し、天候や利用シーン、気分に合わせカスタマイズできます。また、EMOTIN MAXは折り畳み可能で、外出時の保管や持ち運びに非常に便利です。


■ULTRA WIRELESSの特長

[画像4]https://user.pr-automation.jp/simg/2062/49712/232_290_2021072610294460fe100845ac5.jpg
[画像5]https://user.pr-automation.jp/simg/2062/49712/232_290_2021072610294860fe100c6a213.jpg

豊かな低音域からクリアな中高音域の再生を可能にするサウンド
ULTRA WIRELESSは、強力な40mmネオジウムドライバーを搭載しており、豊かな低音域からクリアな中高音域を損なうことなくオーディオ性能を両立し、SOULが目指すダイナミック且つ高品位なサウンドを実現します。

機能性・快適性を兼ね備えたデザイン
UlTRA WIRELESSは現代のリスナーを念頭に人間工学に基づき設計されており、調節可能なレザーレットのヘッドバンド、収納や持ち運びに便利な折り畳み機能、安定したサウンドの再現とフィット感を実現するフルイヤーカップデザインなど、SOULが目指すサウンドを実現しながら機能性・快適性を提供します。

最大36時間の長時間のバッテリー駆動
ULTRA WIRELESSは最大36時間の長時間再生、スタンバイ時間も最大12日間と、バッテリー時間を気にすることなく、究極の旅の友として、場所を問わずに音楽を楽しむことを可能にします。

ボタン1つで通話もスムーズに可能
ULTRA WIRELESSには、マイクと電話操作の応答/終了キーも内蔵しており、家族や友人とのコミュニケーションをしながら、シームレスに通話やお気に入りのプレイリストの操作を融合できます。

各製品の詳細については、 https://jp.soulnation.com/
をご覧ください。


■製品の仕様


[画像6]https://user.pr-automation.jp/simg/2062/49712/700_888_2021072610314660fe1082762ab.JPG



■販売チャネル(五十音順)
家電量販店
エディオン
上新電機
ビックカメラ
ヤマダ電機
ヨドバシカメラ

ライフスタイルショップ
東急ハンズ

イヤホン・ヘッドホン専門店
e イヤホン

ECサイト
NTT-Xストア
NTTひかりTVショッピング
楽天市場


【SOULについて】
SOULは、10年以上にわたり、高品質のオーディオ、ノイズキャンセリングなど様々な技術を余すことなく取込み製品に新たな命を吹き込みました。すべてのSOUL製品は、消費者のライフスタイルと調和し生活の原動力となるよう設計され、パワー、明快さ、快適さを念頭に置き作られています。通勤やスポーツなど様々なシーンであなたの好きな曲と常に寄り添うことで、ライフスタイルに良い変化を生み出します。SOULは最新のテクノロジーを投入して、高品質で高機能なイノベーションを、最高の価値で提供することを目指します。
SOULの詳細については https://jp.soulnation.com/
をご覧ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング