1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

崇城大学が10月30・31日に第10回「つまようじタワー耐震コンテスト」高校生大会を開催 -- 新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じて2年ぶりの開催

Digital PR Platform / 2021年10月22日 14時5分

写真



崇城大学(熊本市西区)は10月30日(土)・31日(日)に第10回「つまようじタワー耐震コンテスト 高校生大会」を開催する。これは、参加する高校生に、ものづくりと建物の耐震性への関心を高めてもらうことを目的としたもので、今回は2年ぶりの開催。新型コロナウイルス感染拡大対策として、募集を熊本県内の高校に絞り、当日は各校1名の代表者のみが会場で競技を行う。




 崇城大学工学部建築学科では2006年から、学生による「つまようじタワー耐震コンテスト」を実施。2011年からは、高校生にものづくりと建物の耐震性への関心を高めてもらうことを目的として、高校生大会も開催している。

 このコンテストは、30cm四方の台座に、つまようじと木工用ボンドだけを使って製作したタワーを固定し、振動を加えながら徐々におもりの数を増やして、倒壊しない最も耐震性のあるタワーを優勝とするもの。つまようじ接着技術の差や独自のアイデアで勝敗が分かれ、会場全体が白熱し、熱気に包まれる。
 熊本の震災や先の首都圏で発生した地震をきっかけに興味も拡大し、建築物の一端を担う「耐震性」について考える貴重な機会となっている。

 昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止。今回は2年ぶりの開催となる。募集を熊本県内の高校とし、2日間で計20校82チームが参加。感染対策として、各チーム代表一名が会場入りして競技を行い、会場に来られない人に向けてYouTubeで会場の模様をライブ配信する。概要は下記の通り。

◆第10回「つまようじタワー耐震コンテスト高校生大会」概要
【日 時】
・カテゴリーI: 10月30日(土) 12:30~(開会13:40)
・カテゴリーII: 10月31日(日) (開会13:40)
※開催は2日間ですが、取材は10月30日(土)のみとさせて頂きます。
【会 場】
 崇城大学 池田キャンパス 建築学科棟 構造物実験室(J号館南側)
 (熊本市西区池田4丁目22-1)
【プログラム】
・12:30~13:15 作品受付
・13:15~13:30 特別賞審査
・13:30~13:40 作品移動
・13:40~15:40 耐震コンテスト
 終了後 表彰式
【参加校】 
▼カテゴリーI(普通および専門高校非建築系14校47チーム)
 文徳高校、真和高校、大津高校、熊本北高校、八代工業高校、御船高校、八代高校、第二高校、一ツ葉高校、鹿本商工高校、ルーテル学院高校、天草高校、人吉高校、阿蘇中央高校
▼カテゴリーII(専門高校建築系を問わず10校35チーム)
 小川工業高校、八代工業高校、開新高校、球磨工業高校、翔陽高校、熊本工業高校、真和高校、文徳高校、熊本学園大学付属高校、第二高校

◇大会ホームページ
  http://ws.arch.sojo-u.ac.jp/tcon/
※Youtube:''つまようじタワー''で検索すると、過去のコンテストムービーが視聴できます。

(関連記事)
・崇城大学が9月21日に第9回「つまようじタワー耐震コンテスト」高校生大会を開催 -- 過去最多の94組188名が参加(2019.09.13)
  https://www.u-presscenter.jp/article/post-42216.html


▼本件に関する問い合わせ先
崇城大学 工学部 建築学科
村上泰浩
住所:熊本県熊本市西区池田4丁目22-1
TEL:096-326-3852
メール:yasuhiro@arch.sojo-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング