1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

神田外語大学と金沢工業大学 教育・研究活動に関する連携協定を締結~11月18日(木)オンライン調印式とアバターロボットを使用した交流活動紹介を実施~

Digital PR Platform / 2021年11月15日 8時5分

写真



神田外語大学(千葉市美浜区/学長:宮内孝久)と金沢工業大学(石川県野々市/学長:大澤敏)はこのたび、教育・研究活動に関する連携協定を締結し、2021年11月18日(木)に調印式を行います。本締結をもって、人文系の神田外語大学と工学系の金沢工業大学は、互いの異なる専門分野の特徴や強味を生かし、教育・研究の充実と相互連携を強化していきます。また、これまでにないイノベーションを生み、ニューノーマルの時代にたくましく未来を切り拓いていく力を備えた人材を育成したいと考えています。




 神田外語大学は「言葉は世界をつなぐ平和の礎」という建学理念のもと、1987年の開学以来、世界の懸け橋となる人材を育成してきました。キャンパス内には語学学習や、異文化理解教育を促す特徴的な施設が多数あり、実践的な語学運用能力と高いコミュニケーションスキルを備え、国際社会で活躍できる、グローバル人材の育成を目指しています。
 金沢工業大学は、人間形成を目的とする「教育付加価値日本一」をビジョンに掲げ、教育、研究、サービスの卓越性を追及し、「自ら考え行動する技術者の育成」を目標に、社会で活躍するために必要な力を身に着ける実践的な教育に取り組んでいます。
 両大学の専門分野は異なるものの、SDGsの目標にもある学生の教育の充実を第一主義に掲げる理念は一致しており、文系と理系それぞれの特徴と強みを生かし、学生のために実質的な相互協力関係を築く取り組みを行ってきました。

 このたび、金沢工業大学が文部科学省の「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン(デジタルDX)」補助金事業に採択され、「DXによる時間と場所の制約を超えた学びの場の創出」における取り組みにおいて、両大学を繋ぐ多地点等身大接続システム「SmoothSpace」が本学に設置される運びとなりました。本学も独自の学習システムの開発・導入の取り組みが文部科学省の同事業に採択されており、全学的にDXを推進しています。DX推進の方針が合致し、本機器を導入することによって、両大学の交流・連携はこれまで以上に活発になり、これまでにないイノベーションを生むことが期待されます。
 両大学はこれまで形式的な調印は望まず、あえて連携締結をしていませんでしたが、これまでの実績をベースとして、さらに交流関係を昇華させたいと考え、大学間協定を結ぶ運びとなりました。11月18日(木)の調印式はこのたび設置されたSmoothSpaceを活用し、遠隔で実施されます。また、調印式後には両大学の学生が今後取り組んでいく交流活動の内容について説明が行われ、スクリーン上に両大学のアバターロボットが映し出されます。


◆連携協定に基づく取り組みの内容(予定)
・合同授業および単位互換に向けた検討
・PBL(Project Based Learning)活動の連携
・教職員のFD、SD交流
・地域と連携したSDGsをテーマとした学生交流活動


◆神田外語大学×金沢工業大学の主な連携実績
2017年12月:本学の宮内学長が金沢工業大経営情報学科の授業にゲストスピーカーとして登壇
2018年11月:金沢工業大学大澤学長によるAI、ビジネス、キャリア、コミュニケーションをテーマにした学内講演会開催
2019年 3月:金沢工業大学が開発した「THE SDGsアクションカードゲームX(クロス)」のファシリテーター研修に参加
2019年 5月:金沢工業大学SDGs推進センター長による講演会、宮内学長とのトークセッション開催
2019年 6月:本学の豊田聡准教授発案の国際力養成カードゲームの体験ワークショップを金沢工業大学にて開催
2019年 8月:金沢工業大学主催の「ジャパンSDGsサミット」を本学にて開催
2021年 9月:多地点等身大接続システム「SmoothSpace」設置


◆関連情報
・金沢工業大学SDGs推進センターwebページ:
( https://www.kanazawa-it.ac.jp/sdgs/
)
・金沢工業大学SDGs推進センター長の平本督太郎氏による講演会及び、本学宮内学長とのトークセッション概要:
( https://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/news/20531/
)
・「第2回ジャパンSDGsサミット」概要:
( https://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/news/52717/
)


▼本件に関する問い合わせ先
学校法人佐野学園(神田外語グループ) グループコミュニケーション部
室井優太朗
住所:東京都千代田区内神田2-13-10
TEL:03-3258-5837
FAX:03-5298-4123
メール:media@kandagaigo.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください