1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

国際NGOセーブ・ザ・チルドレン Instagramキャンペーン「知ろう・話そう 子どものけんり」を開始 著名人らによる子どもの権利条約の紹介

Digital PR Platform / 2023年11月6日 14時0分

子ども支援専門の国際NGO 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(理事長:井田純一郎、本部:東京都千代田区)は、すべての子どもにとって、生きる・育つ・守られる・参加する「子どもの権利」が実現されている世界を目指し、「子どもの権利」の普及啓発活動に取り組んでいます。11 月6 日より、「子どもの権利」の認知促進を目指し、「知ろう・話そう 子どもの権利」キャンペーンをインスタグラム上で開始します。

「子どもの権利」は、すべての子どもたちが健やかに、自分らしく育つために必要な「当たり前のこと」です。いまこそ、日本に暮らす子どもも大人も「子どもの権利」について「知ること」が必要な時期であると考えます。
・子どもの権利全文
https://www.savechildren.or.jp/about_sc/pdf/crc_a4.pdf

1954 年、世界の子どもたちの相互理解と福祉の向上を目指し、国連が11 月20 日を「世界子どもの日」として制定、子どもの権利条約は、1989 年の同日に国連で採択されました。子どもの権利保障に向けて活動するセーブ・ザ・チルドレンは、このタイミングにあわせてインスタグラムでのキャンペーンを実施し、子どもの権利について広く周知してまいります。
本企画にはミュージシャンや俳優、タレントなど著名人の皆さんに賛同いただき、子どもの権利を知り考える呼びかけをインスタグラムの動画投稿を通じて行います。

日本では、2023 年4 月1 日に、こども家庭庁が発足しました。
こども家庭庁はその任務として「こどもの権利利益の擁護(第3条)」を明記し、かつ子ども施策の基本理念として「全てのこどもについて、個人として尊重され、その基本的人権が保障される(第3条)」ことをうたっています。
日本社会において、子どもの権利が保障されることが期待される一方で、子どもの権利を「聞いたことがない」と回答した子どもは約32% 、大人は約43% にのぼりました(2019 年セーブ・ザ・チルドレン調査)。
・3 万人アンケートから見る子どもの権利に関する意識調査
https://www.savechildren.or.jp/news/publications/download/kodomonokenri_sassi.pdf

<Instagram キャンペーン「知ろう・話そう 子どものけんり」概要>
セーブ・ザ・チルドレンジャパンのインスタグラムアカウントで、子どもの権利条約の1条から42 条を著名人が動画で紹介します。期間中は毎日投稿を行い、条文の紹介とともに著名人の方ご自身の言葉で「自分ならこの事を誰と話し合いたいか」のメッセージを添えて、発信します。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください