1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

コンクリート打込み中の材料分離を評価する方法を開発--今まで見えなかったコンクリート中の粗骨材分布を見える化--

Digital PR Platform / 2023年11月8日 14時5分

写真



戸田建設(株)(本社:東京都中央区、社長:大谷 清介)、芝浦工業大学(本部:東京都江東区、学長:山田 純)、ムネカタ インダストリアル マシナリー(株)(本社:福島県福島市、社長:永松 孝明)の3者は共同で、コンクリート打込み中の材料分離程度(粗骨材分布)をリアルタイムに評価する方法を開発しました(特許出願済み)。これまで熟練工の経験に頼る部分が大きかったコンクリートの施工に新たな品質管理方法を加え、高品質な施工を実現します。




1. 背景
コンクリートを型枠内に打ち込むときに、過密な鉄筋配置や横流しなどに起因して、粗骨材の局所的な集中やモルタルの先流れが生じる場合があります。また、近年は流動性を高めたコンクリートを使用する機会が増えていますが、配合が適切でないと過度な水の浮上がり(ブリーディング)や骨材の沈降などが生じる場合があります。これらの材料分離は、硬化コンクリートの局所的な強度特性や水密性や耐久性などの低下を引き起こします。しかしながら、打込み中の材料分離を評価する方法は確立されておらず、熟練技術者の経験を頼りに施工をしているのが現状です。

2. 材料分離の評価方法
本技術は、コンクリートの配合によってインピーダンス※1が変化することに着目し、様々な配合のインピーダンス測定結果をもとに、コンクリートの粗骨材などの構成材料の変化を評価します。測定機器(以下、センサ)として、戸田建設(株)とムネカタ インダストリアル マシナリー(株)の保有技術であるコンクリートの充填・締固めを検知する超薄型シート状センサ「ジュウテンミエルカ(R)」の充填検知機能を拡張して使用します。また、型枠や圧送管などに開孔を設けて外側から取り付けるセンサとして、弓形電極を装備した挿入式センサも新たに開発しました。これらのセンサラインナップで様々なコンクリート構造物での施工中の材料分離評価に対応します。なお、センサはインピーダンスに代えて、簡易的に電圧デジタル信号を出力します。
材料分離の評価結果は、下図の専用モニタで誰でも直感的に粗骨材の動きを認識できるように赤丸の上下動で表示します。粗骨材分布が所定通りの場合は赤丸がコンクリートのセル中央付近に位置します。粗骨材が少ない場合は赤丸が上部に移動し、粗骨材が沈降して多くなると赤丸が下部に移動します。あらかじめ設定した管理値に達したときに警告を発令します。このモニタリングをもとに現場では材料分離を未然に防ぐ対策を講じます。
※1 交流回路における電圧と電流の比をインピーダンスといいます。
※2 各種センサ形態や材料分離の評価結果の表示イメージなどは予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください