1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

低遅延トランスポート技術と精密バイラテラル制御技術による触覚を伴った遠隔操作実証をIOWN APNで実施 ~遠隔地においても目の前で触れたかのようなリアルタイムで安定した操作感を確認~

Digital PR Platform / 2023年11月10日 13時8分

写真

 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:島田 明、以下「NTT」)は、NTTが提供するIOWN APN(※1、以下「APN」)を活用した低遅延トランスポート技術に、ソニーグループ株式会社(以下「ソニー」)が開発する精密バイラテラル制御技術を接続し、離れた地点間にあっても距離を感じさせない触覚を伴った精密遠隔操作を実現すべく共同実証を実施しました。共同実験では、高精度な力覚情報を3D映像情報とともに低遅延で遠隔地にいる操作者にフィードバックすることで、遠隔地においてもあたかも目の前で直接触れたかのようなリアルタイムで安定した操作感が得られることを確認しました。
 本研究成果の一部は、2023年11月14日~17日に開催されるNTT R&D フォーラム― IOWN ACCELERATION(※2)に展示予定です。

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/2341/79128/700_292_20231110102829654d873d94eb1.PNG

図1 共同実験概要

1.研究の背景
 近年、パンデミックや少子高齢化にともなう労働力不足などの影響を受け、遠隔ロボット制御技術への関心が高まっています。バイラテラル制御技術は、操作者の動作に応じて遠隔地にあるロボットアームを連動させられるロボット制御技術です。特に高精度で安定した動作が求められる医療などの分野に応用する場合には、操作者とロボットアーム間の伝送における遅延や揺らぎが問題となることがあります。そのため、遠隔での精密ロボット制御の実現には高精度なロボットアームの活用に加え、遠隔地間を低遅延で安定して繋ぐことができる通信技術が必要となります。

2.実証実験の概要

2.1 実証実験における各社の役割
APNを活用した精密遠隔操作実証実験(図1)を以下の分担で行いました。

■NTT:
APNテスト用環境とAPNにて優れた性能を発揮する非圧縮映像伝送技術およびRDMA(※3)アクセラレーション技術を提供し、APN接続試験およびネットワーク条件の評価実験を実施。
■ソニー:
RDMAを用いた通信機能を有した精密バイラテラル制御システム、空間再現ディスプレイ『ELF-SR2』と3D映像の撮像および処理技術、ならびに、操作支援のための先端位置や奥行きを示すUI重畳や仮想力場による力の誘導技術を提供し、動作評価を実施。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください