1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

楽々WorkflowII Cloudが多要素認証に対応 ~ワンタイムパスワードによる追加認証が可能に~

Digital PR Platform / 2023年11月10日 15時0分

写真














住友電工情報システム株式会社は、クラウド型ワークフローサービス「楽々WorkflowII Cloud(らくらくワークフロー・ツー クラウド)Ver.8.2」に、ユーザID/パスワードで認証した後に認証コード(ワンタイムパスワード)による追加認証を行う機能である多要素認証を2023年11月7日から提供開始しました。

今回、新しくサービスの提供を開始した機能は以下のとおりです。

1.多要素認証
あらかじめ認証に利用したいデバイス(パソコン、スマートフォン、タブレットなど)に認証アプリ※1 をインストールしておき、認証コード※2 を生成することで、ユーザID/パスワードで認証した後に、認証コードによる追加認証を行うことが可能となります。
本機能を利用すると、悪意のある攻撃者が万が一ユーザID/パスワード認証を突破しても、ユーザ本人だけがもつ認証コードによる認証は突破できないため、アカウントセキュリティ強化やゼロトラスト実現につなげられます。

※1 2023年11月現在、動作確認済の認証アプリは以下のとおりです。
  ・Google Authenticator
  ・Twilio Authy
  ・WinAuth (Windows 用)
※2 認証アプリが、生成する一定時間有効になるワンタイムパスワード

・【事前準備】 認証に利用したいデバイスを登録

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1653/79133/400_369_20231110111828654d92f48786b.png


・【利用時】 ログイン後に認証コードを入力し認証

[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/1653/79133/600_324_20231110112018654d93628bf9e.png



2.電子帳簿保存法(スキャナ保存要件)設定の簡易化
楽々WorkflowII Cloudでは、電子帳簿保存法第4条3項(スキャナ保存)に対応して、文書に添付するPDFファイルの解像度情報などが条件を満たしているのかチェックを行えるようになりました。
旧バージョンでは、カンパニーマスター(システム管理者)が事前に解像度チェックを行いたいフォルダおよび項目を設定する必要がありました。
今回のバージョンアップにより、この設定をカンパニーマスターではなく、各フォルダの管理者が実施できるようになり、より現場レベルでスキャナ保存データを管理できるようになりました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください