1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

東京家政大学 東京家政大学短期大学部・双日食料株式会社・マリンフーズ株式会社が産学連携に関する包括協定を締結 -- 教育、人材育成、調査研究などで協力

Digital PR Platform / 2023年11月15日 14時5分

写真



東京家政大学 東京家政大学短期大学部(所在地:東京都板橋区/学長:井上俊哉)はこのたび、双日食料株式会社(所在地:東京都港区/代表取締役社長:小泉豊)およびマリンフーズ株式会社(所在地:東京都港区/代表取締役社長:藤原勝紀)と連携・協働に関する包括協定を締結。これに伴い、11月14日に東京家政大学板橋キャンパスにおいて締結式を執り行った。なお、同大が民間企業と協定を締結するのは今回が初めて。




 東京家政大学ヒューマンライフ支援センターはこれまでに、双日食料株式会社と連携し「ミールキット・業務用キット商品開発プロジェクト」を実施。栄養学を学ぶ学生が考案した冷凍ミールキットのメニューアイデアコンテストを行い、選抜されたアイデアをブラッシュアップし商品化している。

 こうして重ねてきた連携の成果を受け、このたび同大は双日グループの双日食料株式会社・マリンフーズ株式会社と産学連携に関する包括協定を締結した。これは、食肉をはじめ水産品、農産品など「食品」をめぐる教育・研究、産業などの幅広い分野で相互の連携・協働を進めるもの。同協定の締結を機に、さらなる相互の発展と社会課題の解決に寄与することを目指していく。

■主な連携・協働事項
(1)教育(食育含む)及び人材育成に関すること
(2)食品・料理法の開発、マーケティング、広報・普及に関すること
(3)食生活の向上及び関連企業の活性化に関すること
(4)共同事業、調査研究に関すること
(5)学生を含めた相互の人材交流に関すること

(参考)
●東京家政大学ヒューマンライフ支援センター
 東京家政大学が歴史と共に培ってきた衣食住、生活に関わる知見を、地域社会に還元する社会貢献と、地域とのつながりの中で学生の実学を推進する部署。これまでに企業や行政と実施した産学官連携事業は約100件。「社会のニーズに大学の知と学生の学びで応える」をモットーに、地域社会と大学の共存共栄を目指している。
 https://www.tokyo-kasei.ac.jp/society/hulip/

▼協定に関する問い合わせ先
 東京家政大学 ヒューマンライフ支援機構 機構運営部
 E-mail: syakairenkei@tokyo-kasei.ac.jp


▼本件に関する問い合わせ先
東京家政大学 広報・宣伝部
TEL:03-3961-5690
メール:koho@tokyo-kasei.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください