1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【東芝】COP28ジャパン・パビリオンへの出展について

Digital PR Platform / 2023年11月16日 11時28分

写真

2023年11月16日
株式会社 東芝
東芝エネルギーシステムズ株式会社



COP28ジャパン・パビリオンへの出展について

~カーボンニュートラルの実現に貢献するエネルギー技術として、
「SCiB™」、「AEROXIA™」および「P2C(Power to Chemicals)」を展示~



 株式会社東芝および東芝エネルギーシステムズ株式会社(以下、東芝ESS)は、11月30日から12月12日まで、アラブ首長国連邦のドバイで開催される国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(以下、COP28)において、環境省が主催するジャパン・パビリオンに出展します。

 ジャパン・パビリオンは、日本の優れた製品・サービスと気候変動に対する取り組みを世界に向けて発信するため、COP28の開催に合わせて環境省が設置する展示・イベントブースです。



[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1398/79431/400_210_20231116103951655572e78c439.png


 今回は、東芝グループがカーボンニュートラルの実現に貢献する技術として提供する、エネルギーを「つくる」「おくる」「ためる」「かしこくつかう」という上流から下流までの一貫したソリューションの中から、環境省より選出されたSCiB™と、AEROXIA™およびP2Cを併せて展示します。

■3つの技術の紹介映像:https://www.youtube.com/watch?v=-PfV3GmQrrw


展示内容
1.エネルギーを「ためる」「かしこくつかう」:蓄電システムをライフサイクルで最適化する『SCiB™』
 東芝グループが開発したリチウムイオン二次電池「SCiB™」は、従来品では実現が困難である①高い安全性、②充放電を2万回※1以上繰り返しても劣化が少なく長寿命、③急速充電性能、④高入出力性能、⑤低温性能、⑥広い実効SOC※2レンジといった特長を備えるリチウムイオン二次電池で、モビリティから蓄電設備まで幅広く使われています。SCiB™を活用することで、一つの製品を長く使うことができるため、リチウムなど限りある資源である原材料の使用量を最小限にでき、また、蓄電システムのライフサイクルにおけるトータルコストの低減、ひいてはサーキュラーエコノミーやネイチャーポジティブ(自然再興)※3へのコベネフィット効果※4が期待できます。ジャパン・パビリオンでは、SCiB™セル模型、SCiB™モジュール模型を展示します。
『SCiB™』紹介映像:https://www.youtube.com/watch?v=29y9bMrGYDk

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください