1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

リコーののり面モニタリングシステムが国土交通省の「土工構造物点検及び防災点検の支援技術性能カタログ」に掲載

Digital PR Platform / 2023年11月27日 11時0分

写真

~ 最適なカメラ・センサー類を搭載した走行型システムにより、点検を省力化 ~

 株式会社リコー(社長執行役員:大山 晃)は、リコーののり面モニタリングシステム「Slope Copier」が、11月17日に国土交通省が新たに発行した「土工構造物点検及び防災点検の支援技術性能カタログ」に掲載されたことをお知らせします。国土交通省では、道路構造物の点検の効率化を推進するため、点検に活用可能な技術をとりまとめた「点検支援技術性能カタログ・性能確認シート」を策定しています。本カタログは、道路土工構造物の分野で初めての発行で、「Slope Copier」が性能カタログに掲載されたことは、本システムが国土交通省によって性能を確認され、認められた新技術であることを示しています。
 リコーはすでに提供している道路やトンネルの点検サービスにのり面の点検サービスを加えることで、様々な点検用途に応用できる一貫したサービスを展開すると共に、補完技術・サービスをお持ちの様々なパートナー様との協創を更に進める事で、より安心安全なまちづくりの実現を目指します。

 「Driving Sustainability for Our Future. ~持続可能な社会を、ビジネスの力で。」リコーは今後も、事業を通じた社会課題の解決に取り組み、世の中の役に立つ新しい価値を提供してまいります。


[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/2160/79817/500_375_202311270926146563e2269d10d.JPG


<のり面モニタリングの様子>



[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/2160/79817/500_461_202311270926306563e236abe57.JPG

<Slope Copierの構成>



背景
 社会インフラの老朽化や自然災害の頻発化・激甚化が進み、インフラの効率的な維持管理が大きな社会課題となっています。特に日本は国土全体の約7割を山地や丘陵が占めており、膨大な数ののり面が全国に広がっているため、その点検には多くの人手と手間がかかっています。近年は、他の道路施設と同様に風化や老朽化が進行し、安全管理が社会課題になっています。また、そのような状況を受け、点検を効率化する民間技術も複数開発されていますが、どの技術を選ぶべきかわかりにくくなっています。
 このような背景から、2017年に「道路土工構造物点検要領」が国土交通省から出され、社会インフラであるのり面の維持管理への関心が高まっています。のり面の点検を行う場合、土木技術者が斜面に登り、近接目視での確認を行いますが、高所・急斜面などでの作業が必要になる上、のり面の数や面積が膨大なため、多くの人手と手間がかかっていました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください