1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【京都水族館】冬の風物詩「クラゲランプ」の幻想的な世界に浸る 「冬のあったかすいぞくかん」スタート

Digital PR Platform / 2023年11月29日 13時0分

写真

イルカを見ながら温まるレトロモダン空間がイルカスタジアムに登場

京都水族館(所在地:京都市下京区、館長:松本 克彦)は、2023年12月1日(金)~2024年3月20日(水)の期間、寒い冬を心も体も温まる空間でお楽しみいただくイベント「冬のあったかすいぞくかん」を開催しますのでお知らせします。

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/2255/79888/700_556_2023112814312065657b2863833.jpg
「くらげのあかりたち」(イメージ)





[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/2255/79888/700_472_202311281510186565844a6a4d7.jpg
「スペシャルシート」(イメージ)





[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/2255/79888/700_467_20231128150322656582aae4138.jpg
キアとツムギのあったかカフェラテ



本イベントは、昨年に開催した冬季限定イベントです。今年は、クラゲ展示エリアの「クラゲワンダー」と「イルカスタジアム」の二つのエリアに、温かな雰囲気でいきものをお楽しみいただける空間が登場します。

「クラゲワンダー」には、飼育スタッフが監修した約60個の「クラゲランプ」で演出する「くらげのあかりたち」を展示します。エリア内には、壁面を鏡で囲んだ「ミラートンネル」が初登場し、「クラゲランプ」が幾重にも反射する美しい光景が広がります。ミズクラゲを360度堪能できるパノラマ水槽「GURURI」の隣にもミズクラゲ型の「クラゲランプ」を展示し、実物のミズクラゲと見比べながらランプの繊細さをじっくりとご覧いただけます。

また、梅小路公園を一望できる開放的な「イルカスタジアム」の最上段には、寒い冬も快適に過ごせるヒーター付き2名掛けの「スペシャルシート」を設置します。イルカをモチーフにしたステンドグラス風の装飾が目を引くレトロモダンな空間で、イルカたちが泳ぐ姿を存分に眺めることができます。

館内では、「冬のあったかすいぞくかん」にぴったりのホットドリンク「キアとツムギのあったかカフェラテ」と「オオサンショウウオのあったかココア」や、大人も楽しめるランチプレート「お子さまランチ風☆ドルフィンプレート」を期間限定で販売します。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください