1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

イスラエル・パレスチナ(ガザ地区)の紛争に関する1万2千人意識調査 過半数が、どんな理由であれ市民を紛争に巻き込むことに反対 日本政府に対して「一刻も早い停戦に向けた外交努力」を期待

Digital PR Platform / 2023年11月29日 13時10分

インターネット調査「QiQUMO 」を通じたアンケート結果より

 子ども支援専門の国際NGO公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(理事長:井田純一郎、本部:東京都千代田区)は、2023年11月に実施したインターネット調査「イスラエル・パレスチナ(ガザ地区)の紛争に関する意識調査」の結果を発表しました。
 本アンケート調査は、ガザ地区での人道状況について、広く一般の意見を聞き、日本政府に対応を働きかけるための世論を可視化することを目的として実施しました。

アンケート調査の結果、以下のようなことが明らかとなりました。
(有効アンケート回答数12,000件。内訳:15歳~19歳1,000件、20代~60代は各年代ごとに2,000件、70歳以上1,000件)

1. イスラエルとパレスチナの間の問題への関心度・認知度
「関心があり、問題の内容までよく知っている」人は4人に1人(25%)。
「関心はあるが、問題の内容はよく知らない」(42%)を合わせると、関心のある層は7割近く(67%)。

2. イスラエルとパレスチナ・ガザ地区の紛争についての意識
「どんな理由があっても、市民を紛争に巻き込むことは許されない」を選択した人は過半数(56%)。
「判断できない、わからない」が3割近く(26%)を占め、「自分には関係ない」は1割にも満たず(7%)。

3. イスラエルとパレスチナ問題の解決に向けた、日本政府への期待
重要だと思うものに1位から3位まで順位をつけてもらったところ、「一刻も早い停戦を求め、外交を強化すること」を位に選択した人が4 割を超えた(43%)。
1位の選択としては、その後に「人道支援を迅速に実施する・物資の搬入を助けること」(21%)、「国際人道法の遵守を求めること・戦争犯罪を明らかにすること」(11%)が続いた。
「日本国内にも課題が多くあるため、国際平和への貢献を求めない」を選択した人は、1位~3位まですべて1割にも満たず(1位2%、2位5%、3位9%)。

4. 自由回答のキーワードも「停戦」
「イスラエルとパレスチナ間の問題について、あなたの気持ちを自由に聴かせてください」との質問(任意回答)については、12,000人中7,000人を超す有効回答が寄せられた。
頻出単語(名詞、形容詞のみ)を抽出したところ、子ども(15歳~17歳)および大人(18歳以上)の双方において、「停戦」が最頻出ワードとして浮かび上がった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください