1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

字幕表示システム「Cotopat」に、携帯可能なタブレットモデル「Cotopat Mobile」を加えラインアップを拡充

Digital PR Platform / 2023年12月5日 10時0分

写真

京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社(代表取締役社長:長井 孝、以下:当社)は、2023年8月より販売を開始しました、字幕表示システム「Cotopat※」に、携帯可能なタブレットモデル「Cotopat Mobile(コトパット モバイル)」を加えてラインアップを拡充し、2023年12月5日より販売を開始いたします。

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/2426/80082/400_217_2023113013241065680e6a9b5e2.png


Cotopatは、話した言葉をリアルタイムに認識して文字・図解・動画をスクリーンに表示することで、会話の聞き取りづらさを解消し、コミュニケーションを円滑にするシステムです。このたびのラインアップ拡充にともない、透明なアクリル版に表示スクリーンを貼り付けて字幕を投影する従来モデルを「Cotopat Screen(コトパット スクリーン)」に名称変更いたします。

そして、アクリル板が設置できない小さな受付や訪問、屋外での案内など、移動をともなう場面でのご利用を想定した、タブレットモデルを「Cotopat Mobile(コトパット モバイル)」として新たに販売開始いたします。

2つのCotopatが、さまざまな場面で起こる「聞こえない、聞こえづらい」という課題を解消し、難聴者、高齢者、外国人の方へのなどあらゆる方々のコミュニケーションをサポートいたします。
※「Cotopat」は京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社が登録商標申請中です。


Cotopat Mobileの概要
2つのCotopatが、さまざまな場面で起こる「聞こえない、聞こえづらい」という課題を解消し、難聴者、高齢者、外国人の方へのなどあらゆる方々のコミュニケーションをサポートいたします。
[画像2]https://user.pr-automation.jp/table_img/2426/80082/80082_web_1.png
※Cotopat Mobile SIMモデルは、2024年1月販売予定です。


Cotopat Mobileの特長
[1] 耐久性・機能性に優れた京セラタブレットを採用
字幕表示用のタブレットには、耐久性・機能性・信頼性に優れた10.1インチの京セラ製タブレット「KC-T304C」を採用しました。落下や加圧に強く、防水・防塵仕様も備えており、多様な場面で安心してお使いいただけます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください