1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【ユビテック】安全見守りサービス「Work Mate」工場設備の異常通知を受信可能に

Digital PR Platform / 2024年2月1日 13時9分

写真

作業者の安全管理に加えて業務効率化・DX化に貢献

株式会社ユビテック(本社:東京都港区、社長:大内 雅雄、以下「ユビテック」)は、2月1日より、安全見守りサービス「Work Mate」にて、工場設備から発する異常通知の受信機能が追加となりますのでお知らせします。

1. 設備通知機能提供の背景と機能
設備の停止時間の短縮および作業者の安全確保のためには、工場設備の異常をいち早く検知することが必要です。現状の工場設備の異常通知方法について「Work Mate」をご利用されているお客さまにヒアリングしたところ、(1)設備ごとに警報が設置されており、設備の特定に時間がかかる、(2)管理室以外で通知の確認ができない、(3)警報の発生時に各作業者の作業場所を瞬時に把握して対応指示する手段がない、などの課題があることがわかりました。「Work Mate」と設備異常の情報を連携することで、作業者は「どの設備に異常があるか」を装着しているスマートウオッチで即時に確認ができます。また、管理者は「Work Mate」で作業者の位置情報を確認できるため、対応の指示をスムーズに行えます。

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/2255/82497/700_205_2024013010513265b856247a347.jpg

図1 通知イメージ






[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/2255/82497/700_193_2024013010513265b85624a044e.jpg

図2 作業指示イメージ




2. システム構成
稼働設備や警報設備と「Work Mate」をインターフェースコンバータ(通信変換器)で接続します。稼働設備の情報が「Work Mate」のクラウドシステムに取り込まれることにより、稼働設備のアラート通知の受信・閲覧、警報設備の発報が可能になります。

[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/2255/82497/700_304_2024013010513265b856246a6c6.jpg

図3 システム構成図




ユビテックは、今後も作業現場における「Work Mate」のさらなる有効性、機能性向上を目指します。また、「ヒト」にまつわるデータの価値創造を最優先し、AI・データ活用のエクスパティーズ(専門的技術)を高め、「危険予知・予防」をコンセプトとしたサービスを展開してまいります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください