1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

地方自治体の人事DXを推進し、戦略人事の実現へ 人材データプラットフォーム「CYDAS」と「moconavi LGWANクラウドゲートウェイサービス」が連携開始

Digital PR Platform / 2024年2月21日 11時0分

写真

 株式会社サイダス(本社:東京都港区、代表取締役:松田晋、以下 サイダス) が展開する人材データプラットフォーム「CYDAS(サイダス」は、株式会社レコモット(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:東郷 剛、以下 レコモット)が提供する地方自治体向けクラウドゲートウェイサービス「moconavi LGWANクラウドゲートウェイサービス」と連携開始したことをお知らせいたします。





[画像1]https://digitalpr.jp/simg/2665/83563/450_237_2024022020013165d4868b95c7c.png


サービス連携の背景
 地方自治体では、ライフスタイルの多様化やICT(情報通信技術)の進展等により、住民のニーズの多様化・高度化が進んでいます。さらに、少子高齢化の影響で地方公務員数は減少しています。
 住民のニーズに対応し続けるために、業務の生産性向上や人事課題解決への取り組みが求められています。しかし、地方自治体では、人材情報の多くが紙や Excelで管理されているためデータの集約と活用が難しく、さらに多くの自治体が利用する行政専用ネットワーク「LGWAN (Local Government Wide Area Network)」のセキュリティによる制約から、システム導入のハードルが高いという課題がありました。
 そこで、サイダスは人事業務の生産性向上とデータを活用した人事施策が可能となるタレントマネジメントシステムを地方自治体でも活用できるよう、LGWAN環境からさまざまなクラウドサービスを利用できるレコモット社が提供するmoconavi LGWANクラウドゲートウェイサービスとの連携を開始しました(※1)。

サービス連携の概要
 今回の連携により、moconavi LGWANクラウドゲートウェイサービスを経由して、セキュリティ上安全にCYDASをご利用いただけます。これまで紙・Excel等でバラバラに管理されていた人材情報を CYDAS上に一元化することで、ペーパーレス化による生産性向上・人事DXを実現します。
 また、評価や適性検査、スキル情報などあらゆる人材データを CYDASに集約することで、育成候補者の抽出や、職員の離職を防ぐための分析など、 労働力減少が見込まれている地方自治体の戦略的な人事施策の実行をサポートします。
 サイダスは今後もさまざまなサービスとの連携を強化し、業種・業界問わずご利用いただけるタレントマネジメントシステムを目指してまいります。
※1 J-LIS(地方公共団体情報システム機構)より、LGWAN環境を介して自治体にサービス提供ができる「 LGWAN-ASP Application Service Provider)」の認定を受け連携開始。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください