SBSゼンツウ、子会社の茨城全通を合併 -今後は茨城営業所に組織を改め、事業効率の向上を図ります-

DreamNews / 2014年7月1日 15時0分

写真

 SBSグループにおいて、食品物流・食品個配を担うSBSゼンツウ株式会社(社長:近藤治水、埼玉県戸田市)は、本日、子会社である株式会社茨城全通(社長:熊木克夫、茨城県小美玉市)を合併しましたのでお知らせいたします。


 SBSゼンツウは、冷凍・チルド・ドライの3温度帯食品物流に特化し、輸送業務、物流センター運営、流通加工、会員・組合員様のご自宅へお届けする個配まで、豊富な実績と経験を保有。約1千台の車両が関東を中心に全国で日々運行し、安心安全品質をお届けしています。

 茨城全通は、茨城県下で生協様関連の輸配送業務を中心に食品物流を担う同社子会社です。これまで別会社として運営してきましたが、売上の7割超がSBSゼンツウからの委託業務であるため、7月1日付で合併いたしました。

 合併後は、茨城営業所として既存の事業を継続しながら、業務の効率化と管理面の強化を推進。当社は、今後も事業効率の向上に努め、より高品質な食品物流サービスの提供をめざしてまいります。
以上


■ご参考
<SBSゼンツウ株式会社概要>
 本社:〒335-0023 埼玉県戸田市本町4丁目9番10号
 代表者:代表取締役社長 近藤 治水
 設立:1982年(昭和57年)
 親会社:SBSホールディングス株式会社(持株比率100%)
 資本金:83百万円 (2013年12月末現在)
 従業員数:3,183名 (うち正社員1,321人、2013年12月末現在)
 事業所:関東を中心に静岡、長野、富山、和歌山、大阪、岡山、福岡などに約80拠点を設置
 事業内容:一般貨物、予冷定温輸送及び共同配送、個人宅配事業、各種商品の受発注業務代行及び仕入れ販売、
  貨物の荷受、保管、仕分け、ピッキング、包装、加工作業。SBSゼンツウの特色は4温度帯(冷凍・冷蔵・青果・ドライ)を
  一括集約した物流を構築するノウハウを持っていることです。それぞれに細かな品質管理を施し、高品質を保ったまま
  入荷から配送までの全ての作業をお任せ頂けます。
 URL:http://www.sbs-zentsu.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
 SBSゼンツウ株式会社
 総務部  TEL:048-447-3311、FAX:048-447-3315

■本件に関するマスコミからのお問い合わせ先
 SBSホールディングス株式会社
 IR・広報部 早乙女 良之 TEL:03-3829-2240/e-mail:contact11@sbs-group.co.jp

 ※当資料に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、
  あらかじめご了承ください。

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング