2014年7月8日(火)より、株式会社青い街(所在地:神奈川県横浜市鶴見区、代表:杉岡一樹)が、カードゲームを使った面接サービスを開始します。

DreamNews / 2014年7月8日 10時0分

写真

カードゲーム・メーカー株式会社青い街では、企業の人事部門を対象に、採用活動のお手伝いを始めます。サービスの名称は「カードゲームを使ったグループ面接」。文字通り、応募者にカードゲームをプレイしてもらい、そこから得られる情報を採用判断に反映させるサービスです。 これまで青い街は人と人との結びつきにこだわってきましたが、本サービスは人と組織の結びつきに焦点を当てた活動と言えます。

カードゲームでは、プレイする人の志向や性格が端的に表れます。
そのことを採用活動に活かそうというのが、本サービスの狙いです。カードゲームを使えば、通常の面接では見えてきづらい「その人らしさ」を短時間で引き出すことができます。逆に言えば、応募者もリラックスして、「自分らしさ」を見てもらえるわけです。

基本的には、青い街がカードゲームの提供と面接で押さえるべきポイントなどをレクチャーし、面接は企業側で行ってもらいます。
ただし、面接管の代行や面接活動トータルの運営を引き受ける準備もあり、ご要望には柔軟に対応する予定。
料金については、規模と内容によって大きく変わってくるため個別相談となりますが、カードゲーム10個の提供とポイントレクチャーで40,000円(税別、交通費別)程度です。

なお、カードゲームは若い女性を中心にプレイ人口が増加しており、青い街のチャレンジングな展開はテーブルゲーム(=非電源系ゲーム)業界からも大きく期待をされています。


【サービスの特徴】
「カードゲームを使ったグループ面接」のメリットは、以下の通りです。

1. 応募者の資質がハッキリとわかります
詳細な面接マニュアルなどの普及もあって、通常の面接では、応募者の資質は非常に把握しづらくなっています。
その点、カードゲームをプレイしてもらうと、応募者の理解力・応用力・挑戦意欲・協調性などが見事に浮かび上がります。
何より、面接の最大のポイントである「一緒に働きたいか?」が、すぐにハッキリとわかります。
※プレイは4人プラス面接官のイメージです

2. 企業の印象が良くなります
面接の場は、企業が応募者を見る機会であると同時に、応募者が企業を見る舞台でもあります。
旧態然とした面接だけでは、企業としての魅力的アピールは難しく、場合によっては「圧迫」「ブラック」との印象も与えかねません。
一方、カードゲームをプレイする場は非常に活発で楽しいため、その雰囲気=企業イメージとして印象づけることができます。

3. 面接時間が多いに圧縮できます
面接官によりますが、個人面接の場合は45分程度かけなければ、応募者をリラックスさせ、本音を引き出すことはできません。それが4人ならば、3時間。
その点、カードゲームを使った面接では、30分もあれば4人全員の資質と素顔を無理なく引き出すことができます。

使用するカードゲームは、青い街の製品を想定しています。
青い街のゲームは、どれも非常にシンプルなルールなので、3~5分の解説で誰でもすぐに楽しくプレイしてもらえます。
http://aoimachi.com/


【会社概要/問い合わせ先】
・会社名:株式会社青い街
・代表者:杉岡一樹
・資本金:4,000千円
・事業内容:カードゲームの企画・製作・販売、各種デザイン
・所在地:神奈川県横浜市鶴見区豊岡町28-24-313
・Tel:0120-575-023
・E-Mail:aoimachi.biz@gmail.com
・公式販売サイト:http://aoimachi.com/
・公式ブログ:http://aoimachi.sblo.jp/

画像1:使用するカードゲーム『UNGERADE』
画像2:代表者近影

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング